人を責めると、自分も自信をなくしちゃう?!

人を責めると、自分が自信をなくしてしまう?! ‥仕事のできる方、機転がきく方、ものごとを要領よくできる方ほど、注意してほしいことがあります ‥

 

 

午前中、友人とウォーキング。

秋の空気をいっぱい吸って、
自家製ケーキをほおばながら、おしゃべりして‥

楽しかった~ (^O^)/

コスモスが一面に‥秋ですね~

 

 

私たちは、いつも叶っている

さて、究極のところ‥

 

<望み>が叶わないのは

潜在意識レベルで
「叶わない」と思っているから。

「叶わない」が、叶っている

‥ということなんですよね。

 

だから、

潜在意識レベルで
「叶う」と思えればいいわけです。

「叶う」が、叶います。

 

それも、

叶うのが当然で、意識もしないレベルが理想。

 

たとえるなら

私たち、朝起きた時、

「今日も、空気が足りるかな?」
なんて、心配しませんよね?

空気は当然ある、と思ってるから
意識もしない‥

 

それと同じくらい
当然の感覚になっているなら、

必ず、叶います。

ただ、、

私自身、このことが腑に落ちるまで
少し時間が必要で

はじめは、半信半疑でした。^^;

 

理解できても、

「叶うのが当然‥なんて思えないから
悩むんだよー」

って、思ってましたし。(笑)

 

そういう自分が
どうすれば変われるだろう?‥と

試行錯誤してきたんです‥

 

望みがスムーズに叶うには

叶えたい望みが明確になったら、

潜在意識から

「叶わない」を取り除き
「叶う」をインプットしながら進めていくといい。

(イメージワークとか使ってね)

 

そして、やっぱり

自信(自己信頼)の土台ができていると
だんぜんスムーズなんです。

 

自慢じゃないけど、ホント私は
めちゃめちゃ自信がない人だったから

この大事さを痛感していて。。

 

なので、今日も
「自信」について、お届けしたいと思います‥

 

 

人を責めると、自分が自信をなくしてしまう?!

今日は、特に

仕事のできる方、機転がきく方、
ものごとを要領よくできる方ほど

注意してほしいこと ‥を書きますね。

 

それは、

ーーーーーーーーーーーーーー
人へのジャッジに気をつけて!
ーーーーーーーーーーーーーー

です。

 

ジャッジ(評価)とは、

良いとか悪いとか、
否定・批判・ダメだしなど‥

 

たとえば、

家族とか、同僚とか、身近な人で

・ちょっと仕事の要領を得なかったり、

・ミスが多かったり、

・やると言って、やらなかったり、

・非常識な人 ‥はいませんか?

 

そして、その人に対して

「もっと、こうすればいいのに」

「なんで、こうしないの?」

「どうして、そうするわけ?」

なんて思うことがあるなら、要注意です!

 

そう思うのは、ムリもないと思いますが‥

きっと、相手に対して

「なんで?どうして?」と思うのも
ムリもない状況なんだと思います‥

 

また、自分が
もっといい方法を知っているから

「こうしたらいいよ!」という
アドバイスの意味合いもあるし

相手のため・いい結果を生むため‥
とも言えます。

 

ただ、ちょっと冷静に
ふり返ってみてほしいの‥

 

相手を責める気持ち、批判の気持ちが
ちょっとでも、なかったかな?

って。

 

少しでも、責める気持ちがあったなら

それが、自分の自信を奪っていたかもしれません‥

 

なぜかというと

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
脳は、主語がわからなくて
全部、自分のことだと思っちゃうから
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「なんでできないの?」
「どうして、そんなことするの?」

と、人に言うほど、

 

その言葉が、そのまま

自分の脳(潜在意識)に、刷り込まれていくんです。

 

自信・自己肯定感を高めたくても
プラマイゼロになっちゃいますね。

 

今までの経験で、
能力の高い人にほど、多く見られるケースでした。

(もったいないですね‥)

 

そういう人たちも、

ジャッジする代わりに
「認める・受けとめる・ゆるす」

を実践されていくことで、
皆さん、劇的に変化されていきました。

メンタルがどんどん安定して、望みが叶うようになっていって・・

 

 

だから、どうぞ

「なんで?どうして?」
と責める気持ちがわいてきたら、

その想いを手放すことから、はじめてみませんか?

 

 

★すべての人に備わっている、潜在意識の力をもっと活用しませんか?
『無料メール講座』で、潜在意識にアプローチする はじめの一歩をお渡ししています。