心が痛くなった時は、自分を癒し解放するチャンス

こんにちは。
メンタルコーチ あべともこです。

 

お子さんがいる方は、夏休みが終わり
ホッとしている頃でしょうか‥^^

8月って、帰省やレジャーなど
楽しいこともありつつ、

いつもと違うイライラや、心の揺れを
感じることはありませんでしたか?

 

私も、色々お話を伺いました‥

 

子供が、宿題をやらず遊んでばかり、
部屋を片付けず、散らかしっぱなし。

堪忍袋の緒が切れて、怒りが爆発し
そのあと、自己嫌悪で泣けてきた・・

とか

実家に帰省して、
親が孫(自分の子)に接する様子を見て

「私、こう言われて育ったんだな‥」
と、子供の頃の記憶がよみがえり
親への嫌悪感が湧いてきた・・

とか

休み中、パパが子供を頭ごなしに叱り

「ママが厳しく言わないから悪い!」
と、私も否定されて苦しくなった・・

などなど 、、

 

 

●相手の言動で、
腹が立ったり、切なくなること、

私も、以前はよくありました。

 

相手が
こうしてくれればいいのに‥
あんな言い方しなくてもいいのに‥

と思ったり。

 

でも、実は

私の心が痛くなったのは
相手のせいじゃないんですよね。

だからといって
自分が悪いわけでもありません。

 

どういうことかというと‥

 

●歯磨きに例えますよ。

歯磨きすると、歯がしみたり
痛くなること、ありませんか?

それって、

歯磨きしたから
虫歯になったわけじゃないですよね?

すでに虫歯になってたから、
歯磨きで刺激されて、痛くなっただけ。

 

だから、「この歯ブラシひどい!!」
とは怒らないでしょう?

歯を治療することが、根本解決ですよね?

 

<心>も同じ。

相手の言動で
イライラしたり、傷ついたんじゃなくて

すでに、心に傷つく要素があったから
相手の言動に刺激され、痛くなったの。

 

相手に腹が立つのも、ムリもないけど

自分の心の傷を癒すことが根本解決
‥なのです。

 

●あ、もちろん
現実問題を対処したり
相手と話す必要もあるでしょう。

上の例だと

子供が、自主的に宿題をやるよう
勉強の大切さを伝えたり
計画を立て実行するコツを教える、とか

パパと、子供との関わり方について
話しあう・・とか。

 

ただ、こういうことは
次の段階でいいんです。

 

●くり返しますが、
なにより優先したいのは、
自分と向き合い、癒すこと。

 

すると、

自分が自分を否定していたから
他者から否定される状況を招いていた

とか、

「私は人から理解されない」
という思いこみがあった

など、

気づきを得られ
手放すことができるのです。

 

すると、
心がスッキリ晴れわたり、

あたたかな気持ちや、
安定感、安心感に包まれ、

皆さん、本来の自分らしい輝きと
パワーを取り戻していかれます。

 

相手と話しあうとしても
自分が整ってからのほうが
だんぜん、うまくいきますしね‥^^

 

●心が痛くなる出来事なんて
ないほうがいいに決まってます。が、

数々の痛い出来事があったから、
自分の思いこみに気づけて、人生が好転した

私自身、そう実感しています。^^

 

光と影が一対であるように

悪いことの中にも
いいことが必ず内包されているし

一見、悪いことも
私の幸せを願って与えられた
人生の神様の愛なのかも‥?

 

まあ、そこまで美化しなくてもいいけど

せっかく痛い想いをしたんだから
自分の糧に活用したほうが得ですよね~

 

で、自分を癒し、解放し、
痛い思いをした出来事も手放すと

(ありがとう、さようなら‥みたいなワークをするんですが)

 

すると、不思議と、

相手との関係性がよくなったり、
傷つくことを言われなくなったり、

現実面が変わるのも、早いんですよね。

 

だから、やっぱり

“すべての出来事は、変化の機会 ”
メンタルに取り組むと、
ホントに人生が面白く展開していきます。

^^

 

 

★人生を好転させるには、潜在意識を活用するのが近道です。
こちらの『無料メール講座』で、潜在意識とつながるコツを受け取ってください。