子供の悩みをスムーズに解決する方法(コーチングの流れ)

今日は、お子さんがいる方へ。子供の悩みをスムーズに解決するヒントをお届けします。
(もちろん、部下の指導も、自分の問題解決も共通ですので、参考になさってください)

 

 

新学期がはじまったばかりで、

子供たちも、まだ慣れないこと・とまどうこと

が色々ある時期でしょうね。

 

勉強のこと、友達関係のこと‥

1つ解決したと思ったら、今度はこれ?!

…と、思う時期が、私もありました。(笑)

 

そんな私が、

子供にどんなことが起きても

悩まなくなったのは

コーチングを学んだからです。

 

 

そこで今日は、

子供の悩みをスムーズに解決する方法
(=コーチングの流れ)

を、ご紹介しましょうね。

 

 

 

●ご相談をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

子供が友達からイヤなことを言われて悩んでいます。

私が「どうしたらいいと思う?」

と聞いても、子供は「わからない」と言います。

どうサポートするといいでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーー

(詳細は、伏せますが)

お母様は、お子さんと向き合い、よく話を聴いていらっしゃいます。

信頼関係ができているので、お子さんも何でも話してくれるようです。

 

 

スムーズに解決するステップ

スムーズに解決するには、

次のステップで考えるのが、おすすめです。

 

1.<問題>を明確にする

2.<望み>を明確にする

3.<方法>を考える

※方法(選択肢)はたくさんある

(これが、コーチングの型です)

 

当たり前だよ~と、笑われたかもしれませんね・・

 

とは言え、多くの人が

<問題>と<望み>が明確にならないうちに、

「どうしたらいいんだろう?」

と、<方法>を考えようとして、悩んでいます。

 

旅行の目的地を決めずに

どのチケットを買えばいいのか、考えているような状態…といえますね。

 

 

対話例

では、冒頭のご相談を例に、対話例を書きましょう。

 

1.<問題>を明確にする


子「どうしたらいいか、わからないよ‥」

母「そうだよね‥ わからないよね‥
いいんだよ、お母さんと一緒に考えていこうね」

「じゃあ、もう少し、くわしく教えてくれるかな…」

「イヤなことを言われて、どんな気持ちになる?」

「それから、どうなるの? ・・・」

(質問しながら、状況を把握していく)

母「そっか、そうだったんだね。
それは、イヤだったね…(よくがんばったね…)」

(気持ちをよく受けとめながら、ねぎらいながら)

 

話を整理しながら、問題を明確にしていきましょう。

※<問題>だと思っていることと、<本当の問題>は、ちがっていることが多いのです

 


「そのことで、1番困ってることは何かな?」

(又は、「1番変えたいことは?」「1番イヤなことは?」)

解決は、1番困っていること(変えたいこと・イヤなこと)から着手するといいでしょう。

 

子供に状況を聞きながら、ここは親が一緒に考えてあげてください。

たとえば、


「イヤなことを言われて、悲しい気持ちになるのが、1番イヤなことかな?」

「その子が、イヤなことを言って騒いで、授業が進まなくなるのが、1番困る?」

親が問題点を整理しながら、聞いていくと、

子供も「1番はこれだ!」とわかります。

 

2.<望み>を明確にする

<問題>が明確になったら、こう質問してみましょう。


「それが、本当は どうだったらいい?」(どうなったらいい?)

「本当は どうしたい?」

「どうしたい?」と聞いても、答えが出てこないことはよくあります。

そういう時も、

「どうだったらいい?」(どうなったらいい?)だと、答えが返ってくるはずです。

 

3.<方法>を考える

<望み>がわかったので、やっとこの質問です。


「じゃあ、そのために、どうしたらいいだろうね?」

「どんな方法があるかな… 何か浮かぶ?」

「お母さんが考えた方法を言ってもいい? 2つあって…」

「どの方法がいいかな?どれをやってみたい?」…

 

ここまでくれば、

7割くらい、目途が立ってきた感じがしますね。

 

もちろん、

それぞれのステップでコツはありますが

解決の流れは、ご理解いただけたかと思います。

 

 

「どうしたらいいか?」を考える前に、

「1番の問題は何か?」

「それが、どうなったらいいか?」を明確にするところから

ぜひ、寄り添って、サポートしてあげてください。

 

参考になれば、幸いです。

 

 

☆スムーズな解決と自己実現のコツを知っていると、
お子さんにもサポートしてあげられますね。

はじめの一歩として、こちらの無料メール講座で
潜在意識の力を使えるようになる方法をお受け取り下さい。