サポートする相手を信じられるようになるには?

先生業・コーチ・セラピスト・子育て等、人をサポートするお仕事・役割の方へ。
「相手が、できる人だと信じてサポートすることが大事」と思っても、信じきれていない自分がいます。どうしたら、相手を信じることができますか?…というご質問をいただきました。

 

こんにちは。

コーチング×潜在意識活性化で
理想の人生をサポートする

メンタルコーチ 阿部朝子です。

 

今日は、
クライアント様からいただいた
ご質問をシェアさせていただきます。

 

とても大事なことに気づかれた
本質的な内容で

人をサポートしている方々に
お役に立つと思います。

 

【ご質問】
ーーーーーーーーーーーーーーー
朝子さんのメルマガで

「相手が、できる人だと
信じてサポートすることが大事」

とあって

仕事でも、子育てでも
そうだな…と思っていました。

 

私は、お客様の悩みを解決する
アドバイザーの仕事をしていますが、

最近、お客様に対して
「できる人」だと信じきれていない

…と気づきました。

 

だから、

私が解決してあげなくては!
と思ってしまって

お客様の気持ちを
傾聴できなくなっていた気がします。

 

お客様が「できる」と信じるには
どうしたらいいでしょう?
ーーーーーーーーーーーーーー

 

ご質問を拝見して、まず、

”お客様を信じていなかった”
と気づかれたことが、

すばらしいと思いました。

 

お客様に真摯に向き合い、
よりよりサポートをしていきたい

というマインドをお持ちだからでしょう。

 

まず、そう気づいたご自身を
認めてあげてくださいね。

 

 

 

●その上で、本題に入りますね。

 

======================

相手が「できる」と信じるには?

======================

↑ ↑

これは
サポートするお仕事では、最重要マインドです。

 

信じるには、どうしたらいいか?

 

ズバリ、

ーーーーーーーーーー
相手は、できる存在だ
ーーーーーーーーーー

と思うだけ。

 

信じられるか、というより

「そういうものだ」
と思うだけなんです。

 

ここで話が終わってしまうと
よくわかりませんよね? ^^;

 

もう少し
説明させていただきますね。

 

 

●突然ですが、
私たち、酸素を吸って生きていますよね。

 

でも、
「酸素があると信じよう」
なんて考えないですよね?

 

『相手は、できる存在だ』
というのは

 

酸素があるのと同じくらい
~~~~~~~~~~~~
当たり前に信じきっている
~~~~~~~~~~~~

というレベルのマインドです。

 

 

●もう少し突っこみますよ!

 

「相手はできる存在だ」
と思えない時は、

 

おそらく、

「何を」できるのか
^^^^^^^^^^
を勘違いしている可能性があります。
^^^^^^^^^^^

 

たとえば、

ピアノを習い始めたばかりの子が

今すぐ、コンクールで優勝できるか?

というと、
それは信じられなくて当然です。

 

では、

その子を受け持つ先生は
「何をできる」と信じるのか?

 

◆1つは、
ピアニストになる、という

「夢は必ず叶うよ!」
と信じることはできますね。

 

◆2つめは、
その夢を叶えるために

「今、何をすべきか?」
その子のレベルに合わせた課題を出し

それを「クリアしていける」

ということも、信じることができます。

 

 

 

 

●ピアノの例で書きましたが、

先生業も、コーチ業も、
後輩指導も、子育ても、

すべてに共通です。

 

「私は、あなたが必ず
夢目標を叶えられる、と信じているよ」
 

「そのために、あなたが、
今、取り組んでいることを
必ず達成できる、と信じているよ」

 

よろしかったら、
上記のフレーズをヒントに

ご自分のお仕事にあてはめてみてください。