「いい言葉を使い続けていれば、変わるよ」

卒業生のSさんから
近況メールをいただきました。

人生がうまくいくヒントが、詰まっているので
ご紹介したいと思います。

 

 

●Sさんは看護師で、
生死に向き合う、忙しい現場でお仕事されています。

この一年、チームリーダーとして、チャレンジの年でもありました…

(個人情報を省いて、ご紹介しますね)

▼▼▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・・・

辛かった事もありましたが

そんな時は、先生から教えてもらった
ワークを思い出して実践したりして、

何とか無事にチームリーダーを
全うすることができました!!

・・・

そんな辛い時でも、

以前のように、自分が嫌いとか
他人の評価が気になるとかが、本当に少なくなりました。

更に言えば、
何か辛かったのは確かなんだけど

何が辛かったっけ?と思うこともあります(笑)

・・・

異動してきた同僚が、忙しくて悲鳴をあげていますが、

「絶対にいい言葉を使い続けていれば変わるよ」

と伝えています。

・・・

他にも、何かと

引き寄せる力が強くなっていると感じています。

・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

卒業生の皆さんは

「何か起きても、たいていのことは、自分でクリアできる」

ようになるので、

 

自分の望みが叶っていくのは、もちろん

周りにも、いい影響を与える存在になっていかれます。

 

 

●<人生がうまくいくヒント>

を、Sさんの言葉から引用しましょう・・

 

1番は、こちら。

*~~~~~~~~~~~~~~~~

いい言葉を使い続けていれば、変わる

~~~~~~~~~~~~~~~~~*

 

これ、本当にそう。

めっちゃ、大事です!

私が口をすっぱくして、お伝えしていることを
Sさんは、実践し続けてくれました。^^

 

「いい言葉」とは、

プラスの言葉・ほめ言葉・勇気がわく言葉
あたたかい言葉・エネルギーが高まる言葉

 

不平・不満・愚痴・批判ではなく

「いいよ」「大丈夫」「ありがとう」

言葉を変えると、

思考が変わり、行動が変わり、

習慣が変わり、セルフイメージも変わる・・

だから、人生が変わるのです。

 

 

●そういう実践を続けると

どんどん持ち前の強みが、発揮できるようになります

 

Sさんの場合

「他人の評価が気になる」という
<欠点>だと思っていたことが

「人の気持ちを敏感にキャッチできる」
という<強み>に転じることができ

 

患者さんやご家族への気配りが、喜ばれているそうです。

(長所と短所は裏表ですのでね)

 

 

●「何が辛かったっけ?」

…とのことですが、(笑)
これも、すごくいいことなんです。

出来事のマイナス影響を、受けていない証拠なので。

 

逆に、

辛いことを、ずっと覚えている時って
脳が、そのことにフォーカスし続けている状態。

メンタルも不安定になり
いやなことが起きやすくなってしまいます…。

 

Sさんは、それがわかっているから

ワークして、いやな記憶を書き換えたんですね。

 

何かあっても、そうして
脳と心を、プラスの方向にもっていければ、

出来事に左右されずに済むし、

その経験を、仕事や人生の糧にもしていけます・・

 

そういう積み重ねで

「引き寄せ力」が、増していくのですね。

 

 

まずは、

言葉を選ぶことから、実践してみませんか?

 

一切の、不平・不満・愚痴・批判をやめて

いい言葉・プラスの言葉だけを使うの・・

 

一日、実践するだけでも、すごいことですよ。

(私、今でも、思わず
マイナス言葉が浮かぶことありますもん。^^;)

 

言葉の力を、信じなくていいんです。

「ホントかな?」と思いながらでいいから
やってみるといいの。 実験感覚で。

 

やってみて、「いいな」と思ったら
続けてみてください。

お金も道具も要らないし。(笑)

 

(でも、やってみたら、絶対に
いい結果が還ってきます。^^)

 

 

★潜在能力を発揮していきたい方へ。

まずは、潜在意識を活用するイロハを書いた
無料メール講座からお読みください。