伝えているのに、伝わらない・・と思う時は

率直に、意見や気持ちを話しただけなのに、「こちらの意図が伝わらなかった」「誤解された」「イラっとされた」ということは、ありませんか? 「伝わる伝え方」のヒントをご紹介します。

 

立春(旧正月)のきのう、私は

新しい年のはじまりにふさわしく、
ちょっと大きな今年のチャレンジを決める日になりました。

腹を決めて、実現したイメージを
脳にインストールして・・

カタチになってきたら、
またご案内させていただきますね。^^

ーーーーーーー

 

さて、今日は、コミュニケーションのお話です。

 

伝わらない!と思うことはありますか?

素直に、率直に、意見や気持ちを話しただけなのに、

・こちらの意図が伝わらなかった
・誤解された
・イラっとされた・・

ということは、ありませんか?

 

もちろん、あなたには何の非もなくて

単に、相手の虫の居所が悪かっただけかもしれませんね。

 

ただし、「うまく伝わらない」と思うことが、よくあるなら、

ご自分のコミュニケーションを、ちょっとふり返ってみませんか?

 

伝わらない原因は?

伝わらない原因は、いくつか考えられます。

(今日は、2つ、書きますね)

 

1つは、伝え方(スキル)の問題。

「相手に伝わりやすい伝え方」「相手が受け取りやすい伝え方」

というのがあります。

 

たとえば、

「あなたは、こうしたほうがいいですよ」

と、<あなた>を主語にした<Youメッセージ>で伝えると

押し付けっぽく感じられて、相手は反発心が湧きやすくなります。が、

 

「私は、あなたがこうしたほうが、もっとうまくいくように感じるんですが、いかがですか?」

と、<私>を主語にした<Iメッセージ>で伝えると、

相手も受け取りやすくなることが多いです。

 

 

 

 

でも、すでに、コミュニケーションを学んでいて、

「スキルは色々知ってるし、使っている・・」

という方も、いらっしゃるかもしれません。

 

だとしたら、おすすめしたいのは、

マインド(考え方・心の持ち方)をふり返ってみること

です。

 

「話の内容」と「マインド」…大事なのは

マインドをふり返るというのは、

「どんな想いで、コミュニケーションしていたかな?」

と、コミュニケーションの動機をふり返ることです。

 

「どんな想いで、話していたかな?」

「どんな想いで、聴いていたかな?」

と。

 

もちろん、建て前じゃなくて、本音ですよ。

 

すると、

「自分の気持ちを理解してもらって、良い関係性を作りたい」

と思っていたかもしれないし、

 

「いちいち言わなくても、わかってよー。めんどくさい人だ!」

と思っていたかもしれません。

・・・

 

コミュニケーションは、

*~*~*~*~*~*~*~*~*

何を伝えるか?(話の内容)も大事ですが、

どういう想いで伝えるか?(マインド)がもっと大事。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

そして、

マインドのほうが、相手に伝わるもの

ですね。

 

 

「話、聞いているよ・・と言ってるけど、上の空だな~」

とか、

「お願いします・・と低姿勢で頼まれたけど、なんか攻撃的だったな~」

とかね。。。

 

 

 

目指したいのは、このマインド

目指したいのは、

「愛を動機」としたマインドです。

 

・自分も相手も尊重している

・相手の幸せ(成功・成長)を願っている

 

こういうマインドで、話していたら、

話がつたなくても、カバーできたりします。

 

「この人、話は上手じゃないけど、私のことを考えて提案してくれてるな~」

みたいに。

 

そうして、人間関係が良好になれば、

毎日が心地よく、楽しく、仕事もうまくいくでしょう。

 

マインドをふり返ってみること、

愛を動機としたマインドでコミュニケーションすること、

・・参考になさってみてください。

 

 

 

*「頭ではわかるけど、そう思えない…」という方は

自分と向き合い、心の声と対話して

そう思えない「何か」を解放してあげるといいでしょう。

 

「はじめの一歩」は、潜在意識にある

心の声を聴けるようになることです。

「無料メール講座」で、その秘訣をお受け取りください。

↓ ↓