悩みを根本解決するとは、こういうことです

悩みの解決には、「対処」と「根本解決」があります。今日は、根本解決するって何をすることか?…お話しますね。

 

こんにちは。あべです。

 

先週は、人間関係のお悩み解決がつづいていました。

私のセッションでは、対話とワークで「根本解決」していきます…

 

今月から受講されているクライアントさんは

「ワーク、すごく楽しいですね!」とおっしゃりながら

ベストな解決策を見つけていきました。

(うまくいったとメール報告もいただき、よかったデス。^^)

 

 

ところで、、

どうすれば、「根本解決」できると思いますか?

 

今日は、

悩みを根本解決するって、何をすることか

お話しますね。^^

 

悩みの根本解決とは?

 

私がいう「根本解決」とは、

心に残っている「記憶を手放すこと」

です。

 

押し入れにある、要らない物を手放す(捨てる)のと同じように、

心の中にある、要らない記憶を、手放してしまうこと。

 

”要らない記憶”というのは

それを思い出すと

悲しい・苦しい…といった感情がよみがえり

心が揺れたり、つらくなってしまうような記憶です。

 

その記憶を手放すことができると、

ただの、セピア色の想い出となります・・

 

たとえば

・子供の頃に、意地悪されて、つらかったことも

・親から否定されて、自分はダメな人間なんだと感じてしまったことも

・大勢の前で失敗して、恥ずかしくて、悲しくて、
みんなの前から消えてしまいたい…と思ったようなことも

 

思い出しても、心揺れることなく

ただ、「ああいうことがあったな~」と、傍観できる感じ。

 

時には、

「どんなことだったっけ」と思い出せなくなることもあります。

(記憶喪失ではありませんよ、笑)

 

そうなると、もう

その体験から、マイナス影響を受けることはありません。

 

これが、根本解決です。

 

 

根本解決しないでいると…

たとえば、

「子供の頃、大勢の前で失敗して、みんなの前から消えてしまいたい」

と思った記憶が、ずっと残っていると、

 

大人になって、やりたいことがみつかり、

チャレンジしようとしても

「自信がない」「失敗しそう」という想いがわいて

なかなか行動に移せなかったりするでしょう。

 

人目が気になったり、人前で妙に緊張して

時々、なぜか「消えてしまいたい」という思いが、浮かぶかもしれません…

 

記憶を手放さないかぎり、

どんなに忘れたつもりでも

潜在意識から、記憶は消えないものなのです。

 

でも大丈夫! 記憶さえ手放してしまえば…

過去にどんな体験をしようと、影響を受けることなく、

今、やりたいことがあれば、素直にやっていけるし

 

人目を気にすることなく、

いつも堂々と、自分らしくいれるようになります。

 

 

性格やタイプの問題だと思っていませんか?

ただ、記憶の影響を受けているだけなのに

それを知らずに

「自分は緊張するタイプだから・・」

「自分は自信がない人だから・・」

と、タイプや性格や、能力のせいだと勘違いしている人が

たくさんいらっしゃいます。

 

それで、あきらめてしまうなんて、もったいなさすぎます!

 

私が今までサポートしたかたで

タイプや性格や能力の問題だったかたは、一人もいません。

 

どうか、ご自分を過小評価しないでください!

 

根本解決に取組んで、記憶を手放せば

うまくいかない現状も、スムーズに変化していきますし、

 

心から「やりたい!」と思うことは、

ちゃ〜んと叶うようになっています。

 

 

だから、もしも、

・なぜか、うまくいかないこと

・なぜか、ためらうこと

・「自分はこういうタイプだから」とあきらめかけていること

があるならば、

 

早く、その想いの奥にある「何かの記憶」を手放して

自由に望みを叶えていく人生にシフトしてほしい‥と思っています。

 

心からのエールをこめて。

 

 

●望む人生にシフトさせる「はじめの一歩」は、
「幸せな選択」ができるようになることです。

無料メール講座で、迷わず選択できるようになるヒントを
お受け取り下さい。

↓ ↓