センター試験がうまくいかなかった娘に伝えたこと

 

今日は、センター試験の二日目のようですね。

どの学生さんにも、力を出し切ってほしいな…と思います。

 

うちの娘は2年前、センター試験を受けました。

ところが、思うような点数がとれず、娘は落ち込んで帰ってきたんです。

その時、私はどうしたか? お話させていただきますね。

 

ちなみに、受験日までは

娘も私も、全然ピリピリすることなく、穏やかに過ごしていました。

小さい頃から、娘にメンタルの整え方や、ワークを伝えてきましたし、

本人も工夫して、気持ちを切り替えていたので、

私も安心して、そばで見ていた感じです。

 

あとは、二人でよく、イメージワークもしていました。

合格して、大学で楽しく勉強している様子を、

ありありとイメージして、うれしい気持ちに浸って・・^^

 

達成したところを、イメージして体験すると、

その後がスムーズに導かれることを、いつも伝えていました。

 

部活も、受験も、

ものごとの考え方や、心の持ち方や、

こういう一生使える脳のスキルを伝えられる、いい機会だな~と思って。

 

 

センター試験は、うまくいかなかったけれど

そうはいっても、試験当日は、

娘よりも私のほうがドキドキしていた気がします。^^;

(メンタルコーチではいられなかった。笑)

祈る想いで一日過ごしていました。

 

で、試験がうまくいかずに、がっかりして帰ってきた娘をみて

そこからは、私のサポートの出番でした。

 

寄りそい、見守っていました。

数日が経って、娘の気持ちが落ち着いてから、色々話しました。

そして、このことを伝えました。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

すべては、うまくいくようになっているよ。

すべて、その時のベストなんだよ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

「今はそう思えなくって当然だけど、

あとでふり返ると、必ず、うまくいくようになっているからね。

自分を信じて!」

・・と。

 

 

「すべてはうまくいくようになっている」

この法則は、今までの経験で確信しているので

私自身、誰よりも、娘を信じて、

どっしりと構えていればいいだけだと思っていました。

親は、他に何もできませんしね・・

 

 

結果的に

娘は、第一志望だった大学をあきらめて、志望校を1ランク下げました。

ですが、今の大学に行ってから、色々情報が入り

もし、第一志望だった大学に行っていたら、

自分に合わなかっただろうと思ったそうなんです・・

 

ムリにポジティブに考えようとしているわけじゃなくて

素直に、今の大学を選択したことが

自分にとって、ベストだと思えているようで、

 

それを聞いて、私も

やっぱり、うまくいくようになっていたな…

と思います。^^

 

 

ついでに、私も

受験もうまくいかなかったし、進路も選択ミスしましたが…^^;

そこから紆余曲折した経験のすべてが

今のお仕事と、今の私につながっていることを実感しています。

 

すべてがベストだったとわかったのは、

脳や心のことを学んで、ずい分時間が経ってからでしたが…^^

 

 

今日、受験の学生さんには、

思うような結果が出たらいいなと思いますし、

もし、うまくいかなかったとしても、

わが家のお話が、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

セルフコミュニケーション×潜在意識活性化で

ご自分の仕事や人生を叶えるだけでなく、

お子さんにもプラスの関わりをしていきませんか?

↓ ↓ ↓