人間関係の悩みを早く解決したいなら

人間関係の悩みを早く解決して、スッキリしませんか? この考え方を知っていると、冷静に対応できますよ!

 

こんにちは。あべです。

 

先週、人間関係の悩みを解決するために、

癒すことからおすすめします・・と書きましたね。

⇒ http://jiko-taiwa.com/2019/01/solution9190

 

※「癒す」とは、イヤな気持ち・イヤな感覚を、ニュートラルにすること。

メンタルが整って、スムーズに解決が進むのでしたね。

 

 

先週のセッションで、

クライアントのNさんも、癒しが必要でした。

 

職場に、人が傷つくことをズバズバ言う人がいて

Nさんは、言われたことを思い出すたび、辛くなり、

その人の顔を見ると、ザワザワして、仕事に集中できなくなっていたからです。

 

Nさんには、

傷ついた気持ちがラクになるイメージワークと、

これから顔を合わせても、平気でいられる方法をお伝えしたところ

今は、不思議なほど気にならず、普通にお話できるそうです。(^^)/

(癒すだけでも、このように状況が変化するんですよ)

 

つづきの今日は、

癒したあとのお話です。

 

人間関係の悩みを早く解決するコツ

人間関係の悩みを、早く解決する1番のコツは

ズバリ!

<原因>よりも、<解決>に意識を向けること

です。

 

もう少し、具体的に言うと

「なんで?」「どうして?」

と考えるよりも、

 

「どうなったらいい?」「どうしたい?」

と考える・・ということです。

 

(『解決志向アプローチ』…という早期解決の考え方です)

 

<原因>に意識を向けると・・

冒頭のNさんの例でいうと

悩む原因の相手に対して

「なんで、人が傷つくことを言うんだろう?」

「どうして、そういう言い方しかできないの?」

と考えてしまうと、

 

「いじわるだな」とか「腹が立つ!」とか

「人を傷つけて、何が面白いわけ?!」など

イヤなことばかり浮かび、イヤな気持ちでいっぱいになり、

いい解決策は浮かびませんでした。

 

物が壊れた時は、

「なぜ?どうして?」と原因を見つければ、直すことができますけれど

 

人間関係で

「なぜ?どうして?」と考え続けても、

本当の解決や、関係性の修復にはつながらないです。

(誰が悪い?何が悪い?…と、犯人捜し・悪い所探しになってしまいますからね)

 

 

<解決>に意識を向けると?

「どうなったらいい?」「どうしたい?」

と考えると・・

 

・理想は、いい仕事仲間になれたらいい。

・お互いに協力できる関係になれたらいい。

・最低限、イヤな気持ちにならずにフツーに話せたらいい。

・何か言われても、スルーできて、いつも、おだやかな気持ちで仕事したい。

 

このようにNさんの望み

(=Nさんにとっての解決のカタチ)が出てきました。

 

自分の「望み」がわかれば

「そのために、今できることは何だろう?」

と、解決策を見つけていけばいいのですね。

 

そうは言っても・・

理解できない言動をする人、自己チューで身勝手な人・・

色んな人がいますから、

「なんで?!」「どうして?!」

と、言いたくなることもありますよね?

 

そんな時は、

クッションをボカボカ叩いて、

「なにさ!もう!あんな言い方しなくてもいいでしょ!!」

なんて、ガス抜きも必要でしょう。

(あ、これは私がよくやっていた方法デス、笑)

 

そうして、癒しや、ガス抜きが終わったら

「どうなったらいい?」「どうしたい?」

と、<解決>に意識を向けること、ぜひお試しください。

 

 

・しっかり癒したい! 自分でできるセルフセラピーを知りたい!

・人間関係のうまくいかないパターンを手放したい!

・理想の人生を叶えていきたい!

というかたは、

まず、こちらの【無料メール講座】にご登録ください。

↓ ↓ ↓