自分がどう在りたいかがわかり、表現できるようになりました

 

こんにちは。あべです。

今日は、お客様の声をご紹介します。

 

実は、私のクライアント様の2割は男性の方なのです。

 

こちらの佐藤さんは、向上心が高く、

公務員として、市民のために、いい仕事をしたい…と熱い想いをお持ちの素敵な方です。

 

ところが、私がお会いした頃は、理想と現実のギャップや

仕事の方向性に迷い、悩んでいらっしゃいました。

 

「セルフコミュニケーションレッスン」を受講されて、

今は、管理職として責任ある仕事を任され、

社内コーチとして、理想の職場作りを目指して、研修や、後輩育成にも力を発揮されています。

 

 

 

 

自分が何者か、自分が何を望んでいるかが明確になりました。


【受講前のお悩みは?】

・自分がどういう人間か知りたかった

・職場で昇進できなかったことについて悩んでいたし、仕事をやめたかった。でも、どうしたいのかがわからなかった。

・子供に感情のまま怒ってしまう

・やらなきゃならないことを先送りしてしまう

 

【どんな成果が得られましたか?】

自分が何者なのか、どういう人間で、本当は何を望んでいるのかがとてもよくわかった

・自分の望み、自分がどう在りたいかが明確になり、在りたい自分を表現できるようになった。

・仕事についてネガティブに捉えていて、辞めたいとすら思っていたが、仕事に対して自分はこう関わりたいという、意思が出てきた。

・仕事に対しての目標に着手するために、資格の取得をした。

・子供との接し方が変わり、関係がよくなった。

 

【1番うれしかったこと(変化)は?】

自分が在りたい自分を知り、認めることができ、それを表現できるようになったこと。

 

【もし受講していなかったら、今頃どうだった気がしますか?】

自分は何者なんだろ?ということをまだ探していたと思う。

また、仕事に関して辞めたいとも思うほどネガティブであったが、このことに折り合いをつけられていなかったと思う。

 

【どんな人に阿部のセッションがおすすめですか?】

自分に疑問を持っていて、本当の自分を本気で見つけたいなら、絶対に受講すべき

一緒に探してくれて、絶対に見つけさせてくれる。

その人に合ったその人のためだけの方法でそこに導いてくれる

 

【阿部朝子はどんな人柄に感じました?】

とにかく寄り添ってくれました。連絡が滞りセッションが進まないときも急かすことなく、待ってくれました。

そのことは自分の性格にはとても必要なことでした。

自分に必要なものを探してくれて、自分の成果を心から喜んでくれました。

コーチを職業としてる方として、プロフェッショナルだと思いました。

自分の意見を伝えず、その人の中にあるものを引き出すことを徹底されていました。

でも、時折阿部先生の人間的な思いもにじみでる瞬間があって

(表現としてあまり適切ではないかもしれませんが)男気溢れる泥臭さであったり、母性的な優しさであったりを感じ、コミュニケーションって、人間ってそういうもんだよなって感じさせてくれました。

 

【その他】

自分が何者か、自分が何を望んでいるかが明確になりました

どうなりたいか、何を得たいかではなく、どう在りたいかが自分にとって重要であることに気がつきました。

そのことが柱となり、子供との関係が改善、仕事へのモチベーションの変化などに波及していきました。

卒業してからも自らの力で自分に向き合い、新たなチャレンジに踏み出すことができました

自らの力でどうにかできる実力がついたことを実感できました。

抱えている課題も、その都度、向き合って改善していけると確信しています。

 

(40代・公務員・佐藤健太様)

 

(写真はイメージです)

 

 

 

佐藤さんには、「仕事の方向性」を明確にするためにも、

キャリアに関するアセスメント(診断)を含め、自己理解を深めるワークから取り組んでいただきました。

 

また、皆さんそうなのですが、佐藤さんも、

仕事や人間関係の悩みや、うまくいかないパターンは、ご自分の能力不足だと誤解されていたので

それは、脳の力を活用すればいくらでもうまくいくことを知っていただきました。

 

そこから、どんどん自信を取り戻されて

組織のリーダーとして、本来の力をどんどん発揮されるようになりました。

 

私は、佐藤さんが、開拓者スピリットをお持ちの方だと感じています。

開拓者は、時に孤独で、道なき道を進むようなところがあります。

それでも、人として、職業人として、市民を守る公務員として

理想の在り方を求めて、チャレンジされてます。

 

起業家とちがい、組織の縛りがあるでしょうから、

佐藤さんのチャレンジは、きっと表立って名前が出ることはないでしょう。

 

それでも、市民を想い、公務員としての よりよい在り方を目指して、働きかける佐藤さん。

私も一市民として、本当にありがたいし、国の希望ではないかと感じています。