立ち止まる時は、シフトする時かもしれません

こんにちは。阿部朝子です。

 

 

好きでやってきた仕事だけれど

「なんだか違和感がある・・」

「最近、やりがいや面白みが感じられない」

と、もやもやすることはありませんか?

 

 

今日は、そういう方へのヒントをお届けします。

 

 

 

にでも、立ち止まる時ってあると思います。

 

 

私自身もそうでした。

 

・過去の自分のように悩む人の力になりたい!

・自分がこの方法を知って本当に人生が変わったから、たくさんの方に教えてあげたい・・

 

そんな想いをもってお仕事してきました。…が

 

ある頃から

提供してきた「手法」に違和感を感じはじめました。

 

「なんかスッキリしない…」

「このまま、今のスタイルを続けていいのかな?」と

迷いが出て、行動も止まってしまいました。

 

 

 

 

しばらくして、この結論に至りました・・。

 

「立ち止まる時」は「ステージが変わる時」

だと。

 

 

「次の段階へシフトする時期を迎えたよ」

というお知らせが、違和感だったんだな…とわかったのです。

 

 

蝶が飛び立つ前に、さなぎの期間があるように、

 

立ち止まってみえるけれど、決して、止まってはいなくて

必要な<時>なのだ…と。

 

 

 

 

この時期に、まちがった行動をして

こじれてしまうと、もったいないですよね。

 

 

今日は、

次のステージにスムーズに移行できるように、

<立ち止まる時期の上手な過ごし方>

を、ご紹介したいと思います。

 

 

つめは、

考え過ぎないこと。

 

「この違和感は何だろう?」

「自分はどうしたいんだろう?」

と考えれば考えるほど、本当の答は見えなくなってしまいます。

 

なぜなら、考えるのは、<過去>の経験の域を出られないから。

 

納得のいく、よりよい<未来>を明確にするには

考えるのではなく、

心の奥にある情熱とつながり、インスピレーションを得ていくといいのです。

 

 

つめは、

けっして、自己否定しないこと。

 

この期間、

「なんで自分の気持ちがわからないんだろう?」

などと、自分を責めてしまう方も多いです。

 

自己否定は、百害あって一利なし!

 

心の声(自分の中にある答)を

キャッチできない状態にしてしまいますからね・・

 

 

そして、

つめ

心を整え、自分のコアとつながり、自己対話していきましょう!

 

こういう時期こそ、いつも以上に

心と体のケアを念入りに、

自分を愛する時間をたくさんもちましょう。

 

自分の好きなことを思い出したり、

ワクワクすることを書き出して

コア(心の中心にある想い・情熱の源)とつながっていくこともおすすめです。

 

必ず、機が熟してきます。

 

止まる時がくるのは、行動し、成長している証。

 

次のステージにシフトする時には

過去の苦しみや、その経験をもとにやってきたことも

すべて統合されていきます。

 

そして、ひと回り大きくなった

あなたらしいお仕事の展開が、きっと開けていくことでしょう。

 

だから、どうぞ焦らずに、ドーンと構えて

自分を信じてあげてくださいね。

 

 

★次のステージに納得感をもって、シフトしていきたい方は

次回の個別相談会のご案内が受け取れる、無料メルマガにご登録ください。

http://jiko-taiwa.com/maillesson