スキルアップがスムーズになるヒント

 

こんにちは。阿部朝子です。

 

今日は、

=================

スキルアップがスムーズになるヒント

=================

をご紹介します。

 

 

・仕事のスキル

・コミュニケーションスキル など

職業人として、社会人として、

スキルアップしたい時ってありますよね。

 

本で独学する時もあれば、

上司や先輩から教わったり、

セミナーやスクールで習うこともあるでしょう。

 

 

その時に、なかなか覚えられなくて

「自分は理解力が低いのかな…」

「向いてないのかな…」

と思ったことはありますか?

 

しかも、周りの人はできていたりすると、

なおさら、できない自分にショックを受けるかもしれません

 

(私も、セミナーで何度もありました…  ^^;)

 

 

要因は、色々あるでしょうが

私がご相談を受けていて、よくあるケースがこちらです・・。

 

 

 

 

かなか覚えられない! なかなか身につかない!

という要因の1つは、

 

教える側(先生)と、教えられる側(あなた)の「脳タイプ」のちがい

なんです。

 

「脳タイプ」・・

今日ご紹介したいのは、この2つです。

↓ ↓

・・・・・・・・・・・・・・・

A:理屈を知って、納得してから行動したいタイプ

B:実際にやってみてから、理屈を聞くと理解できるタイプ

・・・・・・・・・・・・・・・

(※A・Bに良い悪いはありません。違うだけ。)

↑ ↑

あなたは、どちらですか?

あなたの先生はどちらでしょうね…?

 

 

イプがちがうと、こうなる可能性があります・・

↓ ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたがAタイプで、先生がBタイプの時

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先生は

「まず、やってみましょう!」と、実践してもらおうとするでしょう。

 

でも、Aタイプのあなたは、

全体像も理屈も納得できていないので、行動する気になれないでしょう。

・・

 

逆に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたがBタイプで、先生がAタイプの時

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先生は、

理論・理屈を、先にしっかり教えようとするでしょう。

 

でも、Bタイプのあなたは、

実際に体を動かしてやってみないと、なかなか理屈が頭に入ってきません。

集中力も下がってきます。

 

そして、いざ「やってみましょう!」と言われても

「あれ?どうだったっけ?」と行動に移せなかったりするでしょう。

・・

 

いかがですか?

思い当たることは、ありましたか?

 

 

 

のように、

教えてくれる人とあなたのタイプがちがっていただけ・・

ということは、よくあります。

 

けれども、脳のタイプについて、ご存知ないために

自分の能力不足だと誤解し、自信を失くして

持ち前の力を発揮できないでいるのです。

 

もったいないです。

 

 

としたら、

自分に合った学び方をすればいいだけですね。

 

先生に、こう伝えてもいいでしょう。

「私は理屈がわかったほうが納得して動けるので、ここをもう少し教えてください」

 

あるいは

「少しやってみてもいいですか?そのほうが理屈が頭に入るので…」

と。

 

 

・力不足なんかじゃないこと。

・自分に合う方法で学べばいいだけ・・ということ。

~参考になれば、うれしいです。

 

 

★あなたが教える側だったら

生徒さんのタイプを考慮してあげるといいですね。

 

★今日ご紹介したタイプを含めて、7つの「脳のタイプ」を知るだけで

「長年の悩みが消えました!」という方がたくさんいらっしゃいます。

また、脳のタイプ=「能力」ですから、自分の強みとして発揮できるようにもなります。

 

もっと詳しく知りたい方は、

個人相談会のご案内が受け取れる、無料メルマガにご登録ください。

http://jiko-taiwa.com/maillesson