子供の反抗が教えてくれた幸せの鍵

メンタルコーチ 阿部朝子です。

 

前回、

反抗期のすばらしさ
という記事をお届けしました。

http://jiko-taiwa.com/2018/09/communication8410

 

親のコミュニケーションが変われば
子供とのやりとりは必ずうまくいき、

子供も変わっていく
自信を育んでいける…

と書きましたね。

 

コミュニケーションスキルを
実践することで、

うまくいけば、それでOKですが

 

イライラして
コミュニケーションスキルを使えない!

ということもあるでしょう。

 

今日は、そういう時のヒントを
お届けしますね。

 

=====================

子供の反抗が教えてくれた
幸せの鍵

=====================

 

ミュニケーションを学び

親である自分が変わればいいと
頭でわかっても

 

「イライラがおさまらない」
「うまくいかないよ~」

ということはありませんか?

 

私自身がそうでした。^^;

 

そういう時は、

ーーーーーーーーーーーーーー
自分と向き合うタイミング
ーーーーーーーーーーーーーー

です。

 

頭ではわかっても
うまくいかないのは、

潜在意識が抵抗しているのです。

 

自分と向き合って
心の声を聴いてみませんか?

 

 

とえば、

子供が言うことを聞いてくれなくて
イライラした時に

ーーーーーーーーーーーーーーーー
・子供に何て言いたくなるか?
ーーーーーーーーーーーーーーーー

を、ふりかえってみるのです。

 

*よくあるパターンは


「だまって、親の言うことを聞きなさい!」

「わがまま言って、人に迷惑かけるんじゃない!」

「違うでしょ!」

・・・

 

 

多くの場合、

そのセリフは、自分が子供の頃に
親から言われたこと、

 

あるいは、

兄弟が言われているのを
見ていたかもしれません…

 

 


A
さんの場合は、

「違うでしょ?そんなこと言ってもダメだよ!」

でした。

 

子供の頃、親に厳しくしつけられ
言いたいことも言えなかったことや

親の顔色を伺って
ふるまっていたことを思い出しました。

 

そのために、

「わがままを言っちゃいけない」
「人に迷惑をかけてはいけない」
「間違ってはいけない!」

という思考(思い込み)が強くありました。

 

そして、これらの思いこみが、

大人になった今のAさんの

・人目が気になる

・人に対して、猛烈な怒りが湧いてくる

・自分の意見を言おうとすると
(それが大切なことであるほど)
喉がキュっと詰まって、言えなくなってしまう

といった

悩みや生きづらさに
つながっていたことも、わかりました

 

*自分を苦しめる思考に気づいたら
幸せにする思考に切り替えればいいのです

 

 

Aさんは

「間違ってはいけない」を

・人は間違うこともある
・間違えたら、直せばいい

といった思考に切り替えていきました。

 

そうして
思考やメンタルを整えていったところ

人目が気にならず、
言いたいことを言えるようになり

イライラすることも減ったのです。

 

もちろん、
子育ての悩みも変化しました。

 

子供が何を言っても
腹が立たず、落ち着いて聴けるようになり、

子供のほうも
かんしゃくや、ヤダヤダが減ったそうです。

 

あれもこれも、
芋づる式に解決していきました。

 

 

 

いかがでしょう?

 

このように
子供が反抗して困る時、

「子供にどう対処するといいか?」
というのは表面的な解決策で、


自分と向き合うことが

<根本解決>になります。

 

 

悩みには

自分らしく幸せに生きるための
鍵がかくれています。

 

あなたも、鍵をみつけて
人生を根本から変えていきませんか?

 

人生は、いつからでも
いくらでも、変えられます!

 

★まずは、個別相談会のご案内を受け取れる
【無料メルマガ】にご登録ください!

 

~仕事・生き方に迷うあなたへ~
「本当の望み」がわかり、スムーズに叶っていくヒントをお届けします。

【無料メルマガ】 自分らしく望む未来を叶える方法

お問合せ

メンタルコーチ 阿部朝子(あべともこ)