子供にイライラをぶつけたくない人へ。根本解決しませんか?

「子供へのイライラをどうしても抑えられない」という方へ。 「怒りの対処法」や、「子育てコミュニケーション」を学ぶ前に、まずおすすめしたいことがあります。 根本から解消していきませんか?

 

こんにちは。あべです。

 

前回、お子さんの夏休み時期で、

ママたちは、いつもと違う

ストレスやイライラを抱えていませんか?

・・と書きました。

⇒ http://jiko-taiwa.com/2018/08/private7871

 

 

 

今日は

==========================

イライラを子供にぶつけたくない方へ

==========================

 

怒りの対処法は色々ご紹介できますが、

今日は、もっと根本から怒りを解消するための

ヒントをお届けしたいと思います。

 

 

 

●「イライラをぶつけるのはよくない」

なんて、誰もがわかっていることですよね、、


わかっているけど、怒ってしまう・・

 

っていうか、


なんで、この子は次から次へと

ママを怒らせるようなこと、してくれるの?!

という状況かもしれません。。(-_-;)

 

 

●そういうあなたに、質問があります。

 

あなた自身、子供の頃、

親からよく怒られませんでしたか?

 

 

親御さんが

感情的な人だったかもしれませんし

 

あるいは、

「悪いことは、厳しく叱るべき!」とか

「わがままに育ててはいけない!」

という考えだったかもしれません・・

 

 

直接、あなたが怒られていなくても

親同士がケンカしているのを

見ていたかもしれません。。

 

 

 

ずれにしても、

イライラが爆発してしまう人は

 

これまでの人生で、

「怒り」をたくさん浴びて、(=見聞きして)

心の中に「怒り」が蓄積されている可能性が高い

のですが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

●もし、あなたが


「たしかに、たくさん怒られた」

と思うなら、

 

イライラを根本から解消する第一歩として

 

どうか、あなたの胸の内にある

怒られた記憶や、心の傷を癒してほしい

と思います。

 

 

癒さないままでいると、

 

いくら、

怒りの対処法や、コミュニケーションスキルを

学んで、実践しようとしても

なかなか、うまくいかないでしょう。

 

また、

仕事や人間関係に、マイナス影響を

受けていることも多いのです。

 

(ご自分では気づいていなくても、、)

 

 

●癒していくと・・

 

怒っちゃいけない!と頭ではわかってるけど

「自分ではどうにも抑えられないんです…」

とおっしゃっていた方々が、

 

「冷静に切り替えられるようになりました!」

「まっいいか、と流せるようになりました!」

 

「子供のことを愛せなくて苦しかったのに
今は、可愛くてたまらなくなりました!」

 

という変化が起きてきます。

 

 

肩こりや、背中の重苦しさがなくなった

と、体が軽くなる方もいらっしゃいます。

 

 

お子さんと向きあえるようになる

のはもちろん、

職場の人間関係や、夫婦関係が好転する

ようにもなるでしょう。

 

 

「自分は怒りっぽいタイプだから」などと

あきらめなくていいんです。

 

必ず変われます!!

 

 

●癒し方は、色々あるんですよ。

 

クライアントさんによくやっていただくのは

イメージワークですが

 

ここでは、ご自分で、すぐにできる方法を

ご紹介するなら、

 

”怒られて嫌だったことを思い出し
その時の気持ちを、紙に書き出す方法”

はいかがでしょう。

 

「あんないい方しなくていいじゃない!」

「ひどいよ・・怖かったよ・・」

 

浮かぶセリフのままに、書きなぐってみてください。

もう胸の内は全部吐き出した!胸がスッとした!

と思えるまで。。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*

イライラをどうしても抑えられない

という方は、

その場の対処法や、コミュニケーションを学ぶ前に

まず、ご自身を癒していきませんか?

心の中に、癒されるべきあなたが、きっと待っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

参考になれば、幸いです。

 

では、また!