子供のやる気を育む言葉かけ(勉強編)

こんにちは。あべです。

前回、子供のやる気を引き出すには

それをやり終えた後の
「ごほうび」だけでなく

それをやること、そのものが
「喜び」になるように

親御さんからサポートできるといいですね、、

とお話をさせていただきました。

では、どのように
サポートすればいいでしょう?

今日は、そのヒントを書かせていただきますね。

子供のやる気を引き出す<言葉かけ>
 ~ 勉強編 ~

基本的に、

人って、本来、

「知らないことがわかる」
「できないことができるようになる」

というのは、理屈抜きにうれしいものです。

なので、勉強についても、

子供が
「わかる楽しみ」「できる喜び」を感じれば、

やる気は、自然に高まるものなのです。

・・とは言いつつも、

理屈通りにいかないから、
困っちゃうわけですよね。。。^^;

それでも、まず、理屈を知ることって
大事ですよね。

ここから道が開けると思います。

なので、
ちょっと耳が痛いかもしれませんが、

はじめに、やめた方がいいことから
書きますよ。(笑)

◆やめたい、1つめは、

やはり、

「勉強しなさい!」
「わかるようになれば面白いのよ!」

という指示命令。(~_~;)

◆やめたい、2つめは

たとえば、子供が

外で、じーっとアリを観察していて
「ママ、アリって、こうなんだよ!」

と話してくれたことを、

「そんなくだらないことしてないで、宿題やりなさい!」

と、子供の<興味・やる気>を切り捨てる関わり。

これをやってしまうと
子供の自発的な学びの芽を、摘んでしまいます。

><

学校の教科も大切ですが
「勉強」というものを、もっと広い意味でとらえて、

子供が興味あることをきっかけに
「わかる楽しみ」「できる喜び」を体験できると

そこから、どんどん
子供の意欲が広がっていくでしょう。

◆そして、おすすめしたい関わりは、、

子供が、目をキラキラさせて

「これって、こうなんだよ!」と教えてくれたら

親が、それを喜んで聴いてあげ、

お子さんの喜びやワクワクを、共有・共感してあげること。


そうして、

親が、


「勉強って楽しいね」
「知らないことを知るって面白いね」

そう伝えていると、

子供も、「うん、楽しい!」となるものです。


◆苦手なことだって、、

子供が「何かできたらほめる」(認める)
のではなくて、

・「必ずできる」ところまで、スモールステップにして

・必ず、「できた!」を体験させ、

・必ず、「できたね」と認めメッセージを伝える。 (^_-)-☆

とにかく、何をやっても、日々、認める!!

これは、親にしかできない関わりですね。

そう、いい意味の、親バカになっちゃうの、
おすすめです。^^


*~*~*~*~*~*~*

・やる気の芽を摘まない!

・知る楽しみ・できた喜びを共有・共感!

・日々、認める言葉かけ

*~*~*~*~*~*~*

パパママだからこそ、できる関わりで
どうぞ、お子さんの力を引き出してあげてください。

(^-^)

◆最後に、、

今日ご紹介した
・コーチングスキル
・コミュニケーションスキルは

練習すれば、誰でも身につきます。

もしもこういった
知識やスキルは充分にご存知で

それでも、うまくいかないとしたら・・

その時は、

どうぞ、パパママ自身の
マインド(メンタル面)に、取組んでください。

すると、子育てのお悩みはもちろんですが

パパママの仕事・人間関係・人生も
根本から好転していきますので・・。

参考になれば、うれしいです。