問題解決の極意は?

今日は、問題を早期解決するコツ、「問題解決の極意」について、お話しましょう。

 

 

こんにちは。あべです。

 

きのう、クライアントさんが

::::::::::

解決できたのは、朝子さんのセッションで

「自分が問題だと思っていたことは、問題の本質ではなかった」

と気づけたのが大きかった・・

::::::::::

と教えてくださいました。

 

そういえば、先週、別の方も

「自分で思っていた問題と
本当の問題は違いましたね~」

と、本質部分に気づかれて

お仕事のスタック状態から、抜けることができました。。^^

 

実は、ここに “解決の極意” 
隠れています。

 

どういうことかと言いますと…

 

◆「何が本当の問題なのか?」が鍵!
 

「本当の問題」「問題の本質」
を”明確にできるか” が

それを解決できるかどうかのポイント!

です。

 

『問題が何かわかれば、半分解決したようなもの』

と言われるほどです。

 

 

たち、問題を解決するために、

考えて考えて、
「ここが原因だな」と分析しますでしょう?

 

ところが、

自分が思っている原因は、
たいてい、ちがっているのです。><;;

 

あ、決して
あなただけではありません。

よくあることです。めっちゃあります。

私もそうです。(笑)

 

 

どうしても、自分のことは
自分では見えない死角があるから。

鏡を使わないと自分の顔が見えないのと
同じですね・・(^^)

 

私はそれを知っているので、

私自身も、いつもコーチやコンサルさんに
サポートしてもらい

自分の心にサーチライトを当てています。

 

 

 

“3回聞け!”

というコーチングの鉄則があります。

 

「何が問題ですか?」

「それの、何が問題ですか?」

「それの、何が問題ですか?」・・

 

問題だと感じているところを起点に
<質問>というサーチライトを当て

心のドアを1枚1枚開けながら
奥にある【本質】にたどりつく・・

というプロセスをたどります。

 

 

【本当の問題】がわかれば、こっちのもの!
 

【本当の問題】の裏返しが【本当の望み】ですから

「私はこうしたかったんだ」

という<答>もハッキリ見えてきます。

 

早期解決の極意は

【本当の問題】をいかに早く見つけられるか、、

 

そのプロセスを何度も体験して
「これだ!」と腑に落ちる感覚がわかってくると、

 

あなた自身の解決・実現と同時に、

お客様やご家族に対する
あなたのサポート力がパワーアップするでしょう。

 

解決の極意、
参考になれば、うれしいです。

今日もありがとうございました。

(^^)