本当の望みが明確になる処方箋 (2) 本音を受けとめる

先に進めないあなたへ。自分の本当の望みを明確にするためのヒント「本音を受けとめる」というお話です。 「夢目標が叶う思考回路作り」につながるとっても大切なポイントです。

 

 

メンタルコーチ あべともこ です。

 

連休、いかがお過ごしでしたか?

私はお仕事の合間に、
映画「万引き家族」を観てきました。

一人一人の心模様に、思いはせながら
色んなことを感じてきました・・

 

さて、前回のつづきです。

・今までのやり方に、ちょっと違和感が出てきた

・自分はこれから何をしたいんだろう?

という方へ

===================

<本当の望みが明確になる3つの処方箋>

2:本音を無視しない!→受けとめましょう!

===================

というお話です。

 

 

前回、お伝えしたように

<本当の気持ち>は
「感覚・感情」でわかるもの。

 

けれども、

自分の気持ちにフタをしていると
<感覚センサー>が鈍ってしまう。。

その要因の1つが
「考えること」だと書きましたね。

 

今日は、2つめの要因

「本音を無視すること」について。

 

 

 

◆「本音を無視する」とは?
 

こういうことはありませんか?

↓ ↓ ↓

・いい仕事をしたいから、
疲れていても、がんばってしまう

・頼まれたら断れないタイプで
予定がつまっていても、引き受けてしまう

・お役に立ってると思うとうれしくて、
自分が「やりたいかどうか」は
横に置いて、やってあげる

↑ ↑ ↑

当てはまる、という方、
ご自分の本音はいかがでしょう?

こんな本音が隠れていませんか?

↓ ↓ ↓

・疲れた~ホントはもう眠りたいー!

・忙しいけど、頼まれたら断れないし~

・喜んでくれてるんだから、まっいいか

↑ ↑ ↑

もしも、そういう本音が浮かびつつ、

「そんなこと思ってもしかたない!」
と、ピシャリとその想いを黙らせていたら

 

それが、「本音を無視している」
ということです。

 

無視してるつもりはないでしょうし、

人に喜ばれるために、

仕事をしっかり進めるために、と

やっていることでしょう。

 

けれども、
メンタル的には、そういうことなのです。

 

私の経験では、

責任感や、忍耐力・行動力があり、

他人想いで

自分を後回しにしてでも、やってしまう

そういう素敵な方に多いように感じます。

 

 

◆問題なのは・・
 

もちろん、

自分の思うままにいかないことは
誰にもあります。

その辺り、折り合いをつけながら
やっていくことが、問題ではありません。

 

問題は、自分の本音を
いつもピシャリと黙らせているうちに

だんだん内側の自分(潜在意識)が、

「本音を言っても、聴いてくれないし」
本音を発信しなくなってしまうこと。

 

・・毎朝、職場の人にあいさつしても

いつも無視されていたら、
だんだん言いたくなくなる・・

と同じ理屈です。

 

 

◆さらに、問題なのは・・
 

「気持ちを発信しても聴いてくれない」は

「望んでも、叶わない」に通じます。

 

潜在意識がそう認識してしまうと

・いくらがんばっても、うまくいかない

・なぜかトラブルが起きる など

夢目標が叶いづらい思考回路を
作ってしまうのです。。

><

 

 

◆どうぞ、受けとめて下さい!
 

どんな気持ちが浮かんできても、

ピシャリと黙らせないで

「ホントはやりたくないって思っているよね」

「早く帰って寝たいよね~」

という風に

「そう思っているよね」と、受けとめてあげましょう。

(受けとめるって、↑これだけ)

 

これを意識するだけでも

心が軽くなり、気分が変わることに

気づくと思いますよ。

 

夢目標が叶いやすくなる思考回路作り
につながりますので、

ぜひ実践してみてください。

(^^)

 

参考になればうれしいです。