忘れられない朝7時のできごと

こんにちは。阿部朝子です。

 

最近、HPリニューアルの準備をしていて、数年前に書いた文章を見つけました。

時々思い出す、私のお仕事の原点・・よろしかったら、お読みください。

 

 

忘れられない<朝7時>の出来事
~ 私のお仕事の原点 ~
 
 

私、大学を出て、税理士を目指して就職したんです。

が、

2年めには自分に合わないと確信し、
仕事や将来の方向性に悩みはじめました。

 

「私はどうしたいのだろう?」

「何を目指せばいいんだろう?」

 

人間関係にも悩み、
自信がない思いや、マイナスの思考グセから

どんどんストレスが溜まり
(その時は、ストレスという自覚はないのですが)

体って本当に正直ですね。。

寝ても寝ても眠たくて、、朝起きるのも辛く

やっと起き上がっても、30分以上、体が動けなくて
はうように出勤するようになりました。

 

 

 

 

そんなある日、

勤めていた会社のコンサル部門の人から紹介されて
セミナーに参加したんです

 

TA(交流分析)セミナー でした。

生まれて初めての心理の学び。

 

 

おだやかで、和やかで
「こんな世界があるんだな~」と思いました。

 

心が凍っていた時期なので
ガード張って、作り笑いしてたと思うんですけどね。

(~_~;)

 

 

泊まりで、2日めは6時半に集合。

研修会場の外で、朝一番のワークが始まりました

 

 

 

さわやかな朝。

緑鮮やかな芝生が広がる庭でペアを組み、

一人はタオルで目隠しを、

もう一人が、目隠しした人の手をひいて、庭を散歩します。

 

 

手をひく人は、一切、言葉で説明せずに

目隠しした人に、多くの自然体験をしてもらう

というワークです。

 

私は、目隠しして、手を引かれて歩き始めました。

 

カサッ、カサッ、

草の上を歩く音がします。

 

ふと立ち止まり、

耳をトントン触られたので、耳を澄ますと・・

チョロチョロと水の音、

そして、私の手をそっと水に触らせてくれました、

 

小川かな?

ちょっぴり冷たくて気持ちいい

・・

 

また歩いて、立ち止まって、背中をトントン、、

ゆっくりしゃがみ、

ペアの人が、私の手をとり、地面に触らせてくれました・・

 

(ああ、草だ、、)

ツンツンして、くすぐったい ^^

今度は、鼻をトントン・・

クンクン匂いをかいでみると、花のかすかな香りがします。。

 

ブーン、、

(あ、ミツバチが飛んでいるみたい)

 

 

「ああ、普段、目ばかり使っていたな。言葉にも頼り切っていたな」

「耳・鼻・手・足・体の感覚・・忘れていたんじゃないかな~」

 

「子供の頃は、よく公園で遊んだけれど
もう10年以上、草や木に触っていなかった気がする・・」

 

「ああ、それに、ペアの人の手がとってもあったかい・・」

・・・

・・・

 

一人じゃないって感覚、うれしいな。あったかいな。

 

 

最後は、少し登り坂

・・

 

登り切ったとたん

「うわあーー!」と声が出ました。

 

目隠しのタオル越しに、パーッとオレンジ色が広がって・・

朝陽を全身に浴びたんですね。

 

その瞬間、なんだかもう涙があふれ出て、

<生かされてる>

そんな言葉が浮かびました

・・

 

 

ワークは、そこでおしまい。

 

目隠しを外して見た、あの力強い朝陽の風景は

今でも、ありありと思い出されます。

 

その時の体験が、

陽の光が、気づけばいつもそこにある自然が、人の手のぬくもりが、

私の心を救い、生きる希望と力をくれました。

 

前を向いて生きよう。

そして、「心理を学びたい。」

 

自分が何をしたいのかわからなくて、ずっと何年も悩んでいた私に

はじめて、「したい」という思いが湧いたのでした。

 

私もお仕事を通じて、

その人の内側にある希望と力を思い出せるような
お手伝いがしたい!!

・・と。

 

 

これが、私のお仕事の原点です。

そしてこれからも、この想いは変わりません。