ビジネスコーチングやコンサルを受けても、結果が出ない時は?

コーチングやコンサルを受けたのに、結果が出なかった…という起業家・ビジネスマンの方へ。なぜ結果が出ないのか?どうしたらいいのか? 私の考えを書かせていただきますね。

 

メンタルコーチ 阿部朝子です。

 

 

私のところでは、

・本やセミナーで勉強してきた

・ビジネスコーチングやコンサルを受けたことがある

けれども、思うような結果が出なかった・・

というご相談をいただくことが多いんです。

 

 

ちょっとテーマが広いので

今日は、

「起業・ビジネスの結果が出なかった」
というケースに絞って

・なぜ結果が出なかったのか?
・どうしたらいいのか?

私の経験してきたことを書かせていただきますね。

 

 

なぜ結果が出ないの?
 

起業やビジネスの場合、
1番ほしい結果は「売上」ですよね。

 

セミナー、コーチング、コンサルを
受講しても結果が出ない場合、

ご相談を伺って感じている要因の

1つは、すれ違いです。

 

私自身
ビジネスや経営に詳しくないので
コンサルを受けて、

2年程たってから
や~っとわかったことなんですが、

 

起業(個人ビジネス)の成功には

・スキルの商品化
・ブランディング・マーケティング
・営業・販売・セールス

などが必要で、

それをコーチやコンサルさんが
サポートしてくれるわけです。

 

そして、結果が出づらい時は

起業家さんとコンサルさんの
「望み」がすれ違っているな~

と感じます。

 

たとえば、

起業家さんにとって、

自分の想いが、
しっかり商品サービスに反映できてこそ

納得して、ワクワクして
情報発信やセールスができるけれど

 

コンサルさんは、

(本人へのヒアリングよりも)

この人のスキルを活かすには
こうすると売上がすぐに挙がる、

という成功パターンを知っていて
それを起業家さんにアドバイスするケース

など。。

 

※けれども、

起業家さんはご自分の望みや、
ひっかかりポイントに気づかず、

コンサルさんも、気づかないまま
ノウハウを教えてくれている・・

 

***

気にたとえると、

自分の症状を
何科に相談すればいいかわからない時、

総合診療科などの相談窓口で
「ここに行くといいですよ」
とアドバイスしてくれるのを

ドラマで見たことがあります・・

 

起業やビジネスでも、

ご本人に必要なことを問診して、

それを得意とする
コーチ・コンサルを紹介してくれる

コーディネーターのような機関が
充実するといいのだろうな・・

と思ったりもします。

 

 

して、もう1つ

ミスマッチの解消よりも、
もっと大事なことを

起業家さんたちに知ってほしいな

と思っています。

 

それは・・・

 

 

 

 

結果を出すためには?
 

 

は、

先ほど書いた
起業で結果を出すための要素

商品化・マーケティング・セールスなどは、

すべて「外的な取組み」です。

 

どんな目標を達成するにも、

必要なのは
的取組み】と【的取組み】


(↑バランスよく取り組むのが、成功の鉄則デス!)

 

そして、うまくいかない時ほど

【内的】な
メンタル・マインド・自信・自己肯定感

に取組むことが、本当に重要です。

 

 

 

内面に取組むと?
 

 

内面に取組むことで


つは、

結果が出ない<本当の要因>が
どこにあるかわかります。

 

・ビジネススキルの問題なのか?

・自信がない等、メンタルの問題なのか?


ひっかかっている要因がわかれば

ふさわしい対策が取れますね!

 

 

つめは、

内面に取組むことで
心と体がスッキリ整います。

 

頭(左脳のみ)で考えるだけよりも

潜在意識(右脳)が働くので
アイデア・直感・ひらめきに冴え、

お仕事もスムーズになります

 

さらに、

自分にぴったりの
コンサルさんやビジネスパートナー

出会いたいお客様との

出会いも導かれるようになる・・

と実感されることでしょう。

(不思議かもしれませんが…^^)

 

***

 

面の取組みが必要かも、
と思われた方は

内面のサポートもされている
コーチ・コンサルさんに申し込む。

 

あるいは、

ビジネス面はコンサルさんに教わり、
メンタルサポートを別に受ける

という2つの方法がありますね。

 

※ちなみに、私あべは、
ビジネス面と心理面を
別の専門家にサポートして頂いてます。

(たぶん、コーチは皆そうしていると思います)

 

内面の取組みについて

私あべを選んで下さった方には
全力でお手伝いさせていただきますね。

 

参考になれば、幸いです。