「今の自分は停滞期かな?」と思ったら(その1)

「がんばっているのに、なんだかうまくいかない・・」と思うことはありますか?
そんな時にも、いい仕事をしていたいし、できるだけ早く調子を戻して成果を上げたいですよね。
今日から数回、ヒントをお届けしたいと思います。

 

 

 

 

 

▼成果が出た方法を続けているつもりなのに、最近うまくいかない

▼なんかモヤモヤする。スッキリしない。

▼イライラすること・不安になること・アクシデントが起きる

▼成長した!順調だ!と思っていたのに、逆戻り?!

 

 

「これ、まずいんじゃないかな?」

「私、停滞期?…っていうより、落ちてる?」

などと感じたら、思い出してほしいことがあります。

 

 

そう感じる時期は、

誰にでもあることを。

 

そして、

 

その時期を上手に過ごせば、

今まで以上に、あなたはステージアップし

 

おそらく今はまだ想像もしていない

喜ばしい未来に進めることを。

 

 

 

 

前回の記事で

昨年の私が

「踊り場の時期を過ごしていた」

と書かせて頂きました。

 

<踊り場>と表現しましたが、

昔の私は<停滞期>だと思っていました。

 

「落ちている」

「負のループにはまっている」

とも感じていました。(~_~;)

 

もがいて、ジタバタして・・

 

でも、それって賢い方法じゃないんですよね。

 

 

プールに入って、ジタバタしたら、

溺れちゃうでしょう?

 

下手したら、ホントに

まずいことになっちゃいます・・

 

体の余分な力を抜けば

ちゃ~んと水に浮かぶし、

 

正しく手足を動かせば

進む(泳げる)ようになっているのに・・。(笑)

 

 

ちょうど受講生さんにも

その時期の過ごし方についてお話していたので

コツのいくつかをシェアしますね。

 

 

 

 

 

まず今日提案したいことは

 

『腹をくくり、最善に過ごす』

です。

 

 

「こんなはずはない!」

「これは自分らしくない」

「何かおかしい!」など

 

ジタバタする程、

混乱し、溺れてしまいますから、

 

それよりも、

 

*「今の自分は、踊り場にいるのかも」と認め、受け容れる

*流れにゆだねる

*この時期をしっかり味わい、最善に過ごそうとする

 

これが「腹をくくる」です。

 

 

 

そして、

「最善な過ごし方」として

 

*何よりも、心の余裕・時間の余裕を確保すること

*心身のコンディションに細心の注意を払うこと 

 

がとても大事になってきます。

 

 

▼解決策を外に求めて、

お仕事のスキルアップをしようとしないでください!

 

▼行動量を増やして、停滞をカバーしようなんて思わないで下さい!

 

 

これが、ジタバタになり、

あなたが溺れるだけじゃなく

あなたが関わる周りの方も巻き込む恐れがありますから

 

それだけは、絶対に避けたいですもんね。

 

(少し厳しい言い方をすると、

その道のプロとして他者をサポートしている方には、

巻き込む恐れを察知したなら

お仕事を休むほうがいい・・そう私は考えます。)

 

 

 

でもね、、 大丈夫なんですよ!

 

 

プールの例のように、

体を水にゆだねれば、浮くようになっている・・

自然の法則・宇宙の法則が そうなっているのですから。

 

最善に過ごしていれば、

あなたのお客様・他者への

サポートの質を落とすことはありません。

 

 

そして

その為の、心身のコンディションの整え方には

コツがあります。

 

 

次回、簡単ですぐ取り組めるコツを

ご紹介しますので、

またお読みくだされば、と思います。

 

 

脳と心と体のしくみを知れば、

あなたのお仕事も、人生も

何より、あなた自身が、

どんどん理想を現実にされていくでしょう。

 

それは、あなたがサポートしたい

お相手にも、すぐに還元されていきます。

 

 

どうぞ楽しみに、

まずは、停滞に感じる時も、

むしろ次につながる時期なんだ!

と腹をくくってみてください。

 

 

応援しています!

今日も、ありがとうございました。

(^-^)