大谷選手に学ぶ「失敗」とは?

プロ野球の大谷翔平選手が、大リーグ移籍にあたりインタビューされていました。そこで語っていた「失敗」に関する言葉が、とても印象に残りましたので、こちらでシェアさせて頂きたいと思います。

 

 

こんにちは! 阿部朝子です。

 

今週は、お仕事のギアを上げ

受講生さん達とは

年の初めにふさわしく

目標設定が続いています。

 

昨年とは明らかに違う

今のご自身を感じながら

ステージアップした今年の方向性を

描くワークは、私もワクワクします。

(ダジャレじゃないですが~)

 

 

夢目標が実現するかどうかは

目標設定が肝ですから、

折をみて、こちらでも

ヒントをお届けしていきますね。

 


 

 

さて、話は変わり

プロ野球の大谷翔平選手。

 

今年、日本ハムから

大リーグに移籍されますね。

 

 

今日は

大谷選手の言葉から

最近、印象に残った内容を

ご紹介したいと思います。

 

==============

「失敗」のとらえ方

==============

 

 

 

 

 

先日、大谷選手が

インタビューを受けていました。

 

「アメリカで、二刀流は成功すると思いますか?」

という質問に

大谷選手はこう答えていました。

 

 

「失敗するかもしれません。

でも、僕のやり方を見て、

“この方法はうまくいかないんだな”

と後に続く人のヒントになれば

失敗ではないと思います。」

と。

 

※一字一句はメモしなかった為
記憶で書いています。

 

 

まさに、

私がお伝えしている『成幸マインド』では

 

ーーーーーーーーーーーーー
失敗はない。

あるのは成果と学びである。
ーーーーーーーーーーーーー

と考えます。

 

 

思う成果が出なかった時も、

そこからの気づきを得て

次に活かせばいいのですね。

 

うまくいかないこと

望む成果を出せないこと

が失敗ではなく、

 

うまくいかないまま終えること

道半ばであきらめることが失敗。

 

 

大谷選手も

「失敗」をそうとらえて

いるのだろうと感じました。

 

 

 

さらに、私が

大谷選手の言葉に感動したのは

 

成功・失敗を

自分一人の次元・枠を超えて

・野球界

・野球選手を目指す子供たち

という枠で見ているところ。

 

 

もしかすると

野球という枠さえ超えて、

 

<夢を叶えたい全ての人>に

自分の歩み・成果が

例え失敗でさえも

少しでも参考になるなら

とても嬉しいし、価値あることだ、

 

そう思っているかもしれません。

 

 

トップアスリートの言葉は

机上の空論ではなく、

 

いつも自分のフィジカルとメンタルに向き合い

真剣勝負しているがゆえに

出てくる言葉ですから、

なお、心に響くのでしょうね。

(大谷選手、がんばってくださいね!)

 

 

 

もし、この記事をお読みになって

ご自身の「失敗した出来事」を思い出したら、

 

ぜひこの機会に

「あの経験から、何を学んだだろう?

どんな気づき・糧を得ただろう?」

と、ふり返ってみませんか?

 

 

失敗が、失敗でなくなることを

体感されることでしょう。

 

 

 

 

※ただし、

あなたがサポートしたい人

(お客様・部下・お子さん)が

失敗して落ち込んでいる時に

「失敗じゃないんですよ!」

とストレートに伝えると

逆効果になることもあります。

 

その場合については

また次回ご紹介しましょうね。

 

参考になれば嬉しいです。

(^-^)