人間関係を本気で改善したいなら、コミュニケーションスキルを学ぶのは後回しです。むしろ、真っ先におすすめしたいことは、これ・・。

 

 

 

こんにちは。阿部朝子です。

 

今日は、
コミュニケーションのお話です。

 

 

早速ですが、

職場や身近に
苦手な人はいらっしゃいますか?

 

一緒にいると

・イライラする ・気に障る

・緊張する   ・委縮する

・かみ合わない ・すれ違う

というような、、

 

 

それでも、身近な人だから

「改善しなくちゃ!」と思う時、

 

今まで、どうされてきましたか?

 

 

結論を言いますと、

 

その人との関係を
本気で改善したいのなら、


コミュニケーションスキルの

勉強は後回しにして下さいね!

 

むしろ、

真っ先におすすめしたいのは

「癒し」です。

 

 

・相手に言われて傷ついたこと

・相手に対して腹立ったこと

など、

今までの出来事・感情を
癒してあげるのです。

 

 

なぜなら、、

 

いくら

コミュニケーションを学んで

上手な聴き方・伝え方を
身につけても、

 

「癒し」を終えていないと

平常心で対話するのは

絶対にむずかしいから・・

 

(経験ありませんか?)

 

私自身もそうですし、

クライアントさんの解決にも

コミュニケーションスキル
をお伝えする前に、

メンタルを癒すのが先だわ!

と痛感しています。

 

 

だから、、

「せっかくコミュニケーションを
勉強したのに、うまく使えない」

と落ち込まなくていいんですよ!

 

だって、

コミュニケーション本には、

「本を読む前に、癒して下さい」

なんて

書いてないはずですから。

 

ですよね? (^_-)-☆

 

 

「癒し」のイメージワーク
など、色々ありますが、

 

今日、ここでは、
一人でできる方法を
紹介しましょうね。

↓  ↓

~~~~~~~~~~~~~

『気持ちの洗い出しワーク』

相手とのやりとりで
嫌だったことを

浮んだ言葉のまま
片っ端から書き出します。

 

「なんでそんな目で見るの?」

「そんな言い方しなくてもいいじゃない」

「私、すっごく嫌だった」

・・・

・・・

 

(出尽くしたら)

本当はどうしてほしかったのか
書いてみましょう。

 

「もっとやさしい目で見てほしかった」

「こういう風に言ってほしかった」

「私の話も聞いてほしかった」

・・・

・・・

 

(全部、書き尽くしたら)

自分の想いを声に出して
読んでみましょう。

自分はこう思っていたんだな
と、

すべて受けとめることが
できたら、

おしまい。

~~~~~~~~~~~~~

 

涙が出てきたら
出してあげましょう。

 

読み上げるうちに、

他に言いたいことも出てきたら
思うままに、口にしましょう。

 

終わったら

かなりスッキリしているはず。

 

 

☆★☆---------

感情に気づいて
受けとめてあげるだけでも

癒しが始まります。

ーーーーーーーーーー☆★☆

 

 

感情の揺れがなくなれば

学んだコミュニケーション
スキルの出番!

 

きっと、ずっと
うまくいくと思います。

 

 

参考になれば、うれしいです!

(^-^)

 

人間関係を改善したいなら、●●から!
Tagged on: