キレッキレの判断力をつけるには?

AかBか、 買うか買わないか、やるかやらないか等々、 迷う時に、スパッと判断できるようになるには?

 

こんにちは!

 

私は、出張だったので、

今日、一日遅れで桜餅を作りました

^^

 

 

 

さて、

 「人生は選択のくり返し」

 

最近、受講生さんと

何度も、この話題になりました。

 

 

 

私のレッスンでは、

初めての方も、数分のワークで

「自分の本音に気づく」
ようになります。

 

 

(本来は、すべての人が
わかるようになっています。

サビついているだけなので
コツがわかれば簡単ですよ!)

 

 

けれども、

私自身、これを知るまでは

何度も選択ミスをしました

(笑)

 

 

そこで今日は
============

「選択・決める」のヒント

=============

をお届けしたいと思います。

 

 

ひとりで取り組むなら、

このワークが
やりやすいと思います。

 

↓  ↓

ーーーーーーーーーーーーーー
A・B両方の
メリット・デメリットを
書き出す。(浮かぶ限り!)
ーーーーーーーーーーーーーー

↑  ↑

 

両方の「最悪」「最高」も
想定してみましょうか・・

 

 

書くことで、

起こり得る未来を
客観視できるので、

どちらを選ぶとよいか

自然と答が導かれてくるでしょう。

 

 

 

そして、

「いいか・悪いか」

より、

ーーーーーーーーーー

「どっちが、自分の幸せ・
笑顔につながるかな?」

ーーーーーーーーーーー

と問いかけてみるのが

おすすめです!

 

 

 

選択する時は

考えても、答は出づらくて

 

自分に問いかけて
ひたすら書き出す方が

「答」(本音)を
キャッチしやすいのです。

 

 

たとえば

「今日はカレーとラーメン
どっちにしよう?」

 

 

これって
一生懸命に考えるより

 

最後は、

<どっちが食べたいか?>

ですよね?

 

 

つまり、

ーーーーーーーーーー

選択の決め手は
感情(気持ち)が
満たされるかどうか?

ーーーーーーーーーー

 

その上で、

メリットがあること。
デメリットがない(少ない)こと。

 

 

これを

「カレーは、スパイスで発汗する」
「ラーメンは、汁を飲んで温まる」

など

理屈で決めようとすると

 

あとで

「やっぱりあっちがよかった」
と、後悔しかねません。。

 

感情が満たされるかは
理屈でなく気持ちですから。

 

カレーとラーメンは

小さいコトかもしれませんが

 

大きな人生の決断も
理屈はおんなじです・・

(^^)

 

 

大きな選択で
間違わないためにも

 

ぜひ小さなことから

「考える」のではなく

「本当の気持ち」を
キャッチして選択する練習

をしませんか?

 

 

だんだん、仕事の判断力も
キレッキレになっていくはずですよ!

(^_-)