「逃げ恥」に学ぶ人間関係の鉄則!

今日は、TBSドラマ「逃げ恥」に学ぶ、人間関係の鉄則!というお話です。

 

 

こんにちは!

阿部朝子です。

 

 

 

TBSドラマ
「逃げるは恥だが役に立つ」

 

ご存知ですか?

 

 

新垣結衣さんが可愛いいし
コミカルで面白いですね。

 

(私、ネット配信で見ています ^^)

 

 

実は、

コミュニケーションスキルや
心理ネタが満載で
そういう意味でも楽しんでます。

 

 

 

今日は、

===============

「逃げ恥」に学ぶ人間関係の鉄則!
 ~自由意思を尊重する~

===============

 

 

5b5daf763114ee8a45e97fe0c1620363_s

 

 

ドラマでは
契約結婚している二人が

 

契約ルールの改善案や
自分の望みを
相手に提案した時に

 

「○○はどうでしょう?」
「自由意思で決めて下さい」

 

というセリフが時々でてきます。

 

「自由意思で」とは

 

こちらの提案に対して

相手の答が
YesでもNoでも

 どちらを選択してもいいですよ!

 

ということ。

 

 

このスタンスが

コミュニケーションの鉄則です。

 

 

当たり前!
と思うかもしれませんが

 

 

人間関係の悩みを伺っていると

けっこう、ここが
うまくいってないのです・

 

((+_+))

 

 

 

特に、崩れがちなのは

夫婦間 ・ 親子間 、上司部下

 

 

 

 

たとえば、

 

「これはどうだ?」

と提案しているようで

 

実際は
Noの選択肢がなくて

 

 

そういう時は、
相手がNoと答えたら、

 

「(You)のことを考えて
言ってるのに
 なんで、Noなんだ?!」

 

と怒りだしたりして・・ね。

(苦笑)

 

 

 

297254

 

 

 

●Noだと困る場合には?

 

Yesを押し付けるのでなく

もっと話し合って、

 

お互いに歩み寄り、

 

「これならいいね」
と思える着地点を
見つけていくしかないわけです。

 

 

 

面倒?

に感じるかもしれませんが

 

話し合うプロセスで
お互いの気持ちや考えを
知ることができ、

 

一人では思いつかなかった
グッドアイデアが
生まれたりする・・

 

 

それも価値あること だと
感じます。

 

 

●相手が小さな子供であっても?

 

はい。 ^^

 

クライアントさん達は

ここをクリアするだけでも

子育てのストレスが

どんどん減っていきます!

 

そして、
自由意思を尊重されて育つほど

自ら考え、行動する
「自立した子」になっていく

・・

 

 

 

相手の自由意思を尊重しつつ
こちらもガマンするわけではない

「Win-Winの関係」

にしていきたいですね。

 
■理想の人間関係を築く
具体的なスキルを学びませんか?

まずは、体験セッションで
現状整理をお手伝いします。

→ http://jiko-taiwa.com/12345-2