今日は、「やるぞ!」とスイッチを入れてもできない時は、どうしたらいいの?・・というお話です。

 

こんにちは、阿部です。

 

今日は、強風で物が飛んでいます。><

でも、草木をみると、
こんなに揺れても
折れないし、抜けないし、、

強さに驚かされます。

 

根がしっかりはっているから
そして、しなやかだから と思います。

 

人にも共通ですね。^^

 

***
さて、

前回は、
変化に不可欠な「ただ1つのこと」とは?
http://jiko-taiwa.com/2016/10/02/6skills/dreams-come-true5800

 

方法よりも、スキルアップよりも、
大事なことはスイッチを入れること!

・・というお話でした。

 

でも、

「やるぞ!」とスイッチを入れても
できない時は、どうしたらいいの?

 

今日は、そのお話です。

 

6ce782e91586ee7d7a0441fe239e787e_s

 

前回、少し書いたように

頭では
「やるぞ!がんばろう!」
と思うけれど、

 

潜在意識レベルでは
「やりたくない!」と思っている

 

こういうことが、よくあります。

 

(というか、こういうことだらけです

(・・自分では気づきづらいですが~)

 

 

原因は様々ですが。。

 

よくあるのは、

そもそも、

脳は「変化を嫌う」から。

 

脳が一番 重要視することは
「生存」=生きること。

 

その為の
「安全」を確保しようとします。

 

 

だから、

頭で「変わろう!」
と思っても、


潜在意識は

「今、こうして生きていて
安全なんだから
変わる必要はないよ!

何かあったらどうするの?!」

と、

 

生存がおびやかされたら
困る~! と想い

変化させないように
と、働いてくれるんですね。

 

・・・

 

たとえば、

「めんどくさいな~」

「明日からにしよう」

と思わせたりして。。 (-_-;)

 

 

また、

傷つくことも
避けようとします
「安全」ではないですからね。

 

 

だから、

「自分は意思が弱いな~、ダメだな~」

と思う必要はないんです。

 

脳のしくみが
そうなっているだけですから。

(^_-)

 

 

・職場の苦手な人を避けずに、
普通にコミュニケーションを
とろうと思っても、
なかなかできなかったMさん。

 

・後輩をしっかり育てたいと
思いつつ、
つい「自分がカバーすればいいや」
と言葉を呑みこんでいたSさん。

 

・部屋を片づけたくて、
何度取りかかっても、
どうしても中途半端になり、
洋服があふれていたTさん。

 

皆さん、
「変わろう!」と思うのに、
できなくて、自分を責めていました

 

 

もちろん、皆さん解決されましたよ!

 

自分とのコミュニケーション
を変えて、

脳科学に基づいたワークで
潜在意識に安心を与えながら

解決されました。

 

 

あなたの
「できない!変われない!」も、

意思が弱いんじゃなくて、

潜在意識が、
あなたを守っているだけ
かもしれません。

 

 

だから、もう

自分を責めるのは、おしまい!

 

スキルを磨けば、
必ず、解決しますから・・ネ!

(^-^)

 

 

☆悩み時間をゼロにして
理想の自分になりたい方は

こちら⇒ http://jiko-taiwa.com/12345-2

 

 

 

 

「やるぞ!」とスイッチを入れてもできない時は?
Tagged on: