お母さんの言動にイライラしていたSさん。今日は、Sさんが「人は自分の鏡」だと実感し、職場の問題解決につなげることができた事例をご紹介します。

 

こんにちは。
阿部朝子です。

 

親の言動にイライラしていた
Sさんのご質問から
学びをシェアしています。

 

・「反面教師」と「人は鏡」の違い
http://jiko-taiwa.com/2016/09/19/theory5651

・おすすめのコミュニケーションスキル
http://jiko-taiwa.com/2016/09/20/6skills/solution/communication5666

 

 

今日は、

「人は鏡」 だと実感された
Sさんの例をご紹介しますね。

 

11d21c6d958cbf1cddf164c8b5b837a3_s

 

 

「人は鏡」の考え方では、
(鏡の法則/投影)

相手の言動は、
自分の思考が映し出されたもの

と とらえます。

 

 

Sさんから、
こう質問いただきました。

↓   ↓
 私が 母に、
「変わってほしい!わかってほしい!」
という想いが強い時は、

母も
「なんで分かってくれないの?
わかってほしい!」

と思っている・・

というのが
(鏡の法則)なのでしょうか?

↑   ↑

 

それも、 鏡と言えますね。

 

こちらが思っていると、

たいてい
相手もそう思っています。

(^_^;)

 

 

**

 

さらにSさんには、

「思考の掘下げスキル」
をお伝えしました。

 

*Sさんがお母さんに対して
湧いてくる思いを
セリフで思い出します。

 

「掃除なんてしなくていいのに。具合が悪いなら休めばいいでしょ!」

「具合が悪くても家族の為に働く”できた人”だと見せたいわけ?」

「犠牲の精神みたいで、嫌味に感じるよね!」

・・・

(★ブラックな自分が出てきた方が
本音があぶり出されます~)

 

 

*次に、セリフに注目します。

「〇〇な人だと見せたいわけ?」

「嫌味に感じるよね!」

と、

Sさん自身が、誰かから、
こう思われることがないだろうか?

 

犠牲」の思考がなかったかな?

 

と振り返っていくのです。

 

Sさんは、

職場の同僚との関係に
鏡をみつけました。

 

そして、

思考を見つめ直し、

望む思考と行動を
選び直していきました。

 

 

(具体的プロセスは割愛しますが)

 

今のSさんは、

職場のストレスも
お母さんへのイライラも
すっかり減って、

心軽くなった分、
仕事や夢に
集中できるようになっています。

 

**

 

このように、

イライラする出来事

自分で気づいていなかった
思考に気づき、

根本的な問題解決につながる
メッセージとなり得ます。

 

はじめは、ちょっと
理解しづらいかもしれません。

 

すべての出来事を
ここに結びつけなくても
いい気もします。

 

ただ、私自身、

ここがわかるようになる程、
足かせを外しやすくなり

物事がサクサク進むように
なったのは、実感しているので

これからも、折を見て
紹介させていただきますね。

 

参考になれば うれしいです。

 

 

☆慣れるまでは、
自分一人で取り組むよりも、
専門家と一緒の方が
早く楽に見つけられると思います。

 

根本から解決したい方、
望む自分になりたい方は

一度、私とお話してみませんか?

 

体験セッションの詳細は
こちら!

 

 

 

母親へのイライラが、職場の問題解決のヒントに?!
Tagged on: