あなたは、思考タイプ? 感覚タイプ?

今日は、「思考タイプ」と「感覚タイプ」についてご紹介します。タイプがわかると、自分に合う解決法がわかるようになります。

 

 

こんにちは。
阿部朝子です。

 

世の中には、
たくさんのタイプ診断がありますね。

 

私のセッションでも、

主に脳科学に基づいた
タイプ診断を取り入れています。

 

 

タイプを知っていると

自分に合う方法で
解決達成できるからです。

 

 

今日は
タイプ分けの中から、

「思考タイプ」と「感覚タイプ」

のお話です。

 

 

5fbd4c780f5015241646a6ce051932eb_s

 

 

専門用語を避けて
わかりやすく言うと・・・

 

「思考タイプ」の人は

 

・あれこれ よく考えるのが得意

論理的に考えることが得意

・考えや言葉が浮かびやすい

・言葉で表現するのが得意

 

裏目になるとしたら、

・考えぎてしまう

・考えが堂々巡りになる

・悩みループからけられなくなる

・理屈で納得できないと行動できない

 

・・という傾向があります。

 

 

 

「感覚タイプ」の人は、

・体の感覚で感じるのが得意
(ドキドキ・わくわく・ざわざわ・軽い)

直観力・ひらめきが得意

・ピンときたら、フットワークが軽い

・実践を通して、体で覚える のが得意

 

 

裏目になるとしたら、

・考えずに、先走って行動してしまう

・考えや気持ちを言葉にするのに時間がかかる

・体の反応が強くて行動できない時もある

・実践してみないと、理屈が納得しづらい

 

・・という傾向があります。

 

 

 

023195

 

 

まず、

自分のタイプを
知っているだけでも、

とっても便利ですよ。

 

裏目に出る前に、
対策を打てばいいですもんね。

 

 

なので、

まずは、
ご自分がどちらの傾向が強いか
チェックしてみませんか?

 

 

(ちなみに、私は思考タイプです^^)

 

 

明日は、

思考タイプの人
が気をつけたいこと

をご紹介しますね。