頭では理解できても、腑に落ちない時には

今日は、頭では理解できても、腑に落ちない時には・・というお話です。

 

 

こんにちは。
阿部朝子です。

 

※ きのうのつづき
(ワクワクのトレーニング)は明日にしますね。

 

 

今日は、

いい情報を得ても

頭では理解できても
に落ちない時 のお話です。

 

 

 

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

 

 

 

 

今朝、FBに
このメッセージを投稿しました。

↓   ↓

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「問題など実は存在していない」
(アラン・コーエン)

 

つまり

私が「問題」とっているから
問題になっている

・・ということ。

 

このことを
知っているだけでも

ムダに悩む時間が減って

心がうれしくなることに
時間を使えるようになるな

と実感しています

・・・

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

この記事に、
深い気づきにつながる
コメントをいただきました。

 

「言葉は理解しているけれど
に落ちないです・・」

と。

 

 

この方、
自己対話ができている方ですね。

すばらしいと思いました。

 

なぜなら

のご自分の状態・気持ちに
気づいて、
理解できていらっしゃるから。

 

 

理解はできるけれど
(=知的に・ではわかる)

に落ちない
(=実感できていない・ではわからない)

・・と。

 

 

 

多くの方は、

「腑に落ちない」
という違和感に気づけなかったり

 

あるいは、

違和感を感じても 気にめず

「そういうもんなんだから」と
納得しようとする・・・

 

(昔の私がそうでした!^^)

 

 

すると、結局、

今の自分に必要な変化
できないままに
なってしまうのです。

 

 

だから、

違和感を感じているのは
素晴らしいことなのです。

 

 

に落ちない時」にできる
自己対話のワークとして

 

思うまま・浮かぶままに
気持ちを書き出すことから、

やってみませんか?

 

***

「それって、言葉としてはよくわかるよー

でもさ、腑に落ちない・・

だって・・・ 」

 

***

 

に落ちない ということは

何か、自分の中に
言い分があるということ。

 

まず、

その言い分に気づいて

「あ~、私、そう思っていたんだな~」

と、

けとめてあげること
からやってみませんか?

 

 

少しでもヒントになれば
うれしいです。

(^_^)