自分の力を発揮したい人へ。才能を知るヒント

今日は、自分らしさ・能力を明確にして、発揮したい人へ。自分の才能を知るヒントをご紹介します。

 

 

こんにちは。

 

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

 

今日は、

自分らしさ・能力を
明確にして発揮したい人へ

自分を才能を知るヒント

をご紹介します。

 

9bc9a871f407078a2bc363c3f1d81c59_s

 

 

面白い本を読みましたので
先に、紹介します。

↓  ↓

 

◆「ある人」「ない人」

 

過去を思い出した時に
湧いてくる感情

 

⇒喜び・感謝・楽しさ などの
ポジティブ感情なら「ある人」

 

⇒悲しみ・不安・孤独 などの
ネガティブ感情なら「ない人」

 

そして、

 

「ある人」は、

長所」を見つけるのがうまくて、
すでにある良いものを楽しみ、
人に教えたり、
与えたりしようとする。

「維持する・げる」才能がある。

 

 

「ない人」は、

知恵を働かせて
手に入れようとする。

もっとすばらしいものを
創ろうと考える。

すでにあるものの
短所」を見つけるのがうまくて
それを、よりよいものにしようと思う。

=「革する・り出す」才能がある。

 

**

スティーブ・ジョブズ、
ココ・シャネルは
「家族・居場所」がなかった。

ウォルト・ディズニーは
「自由」がなかった。
本田宋一郎には
「社会的裏付け」がなかった。

等々・・

 

*参考図書*
「自分の秘密」(北端康良著)

DSC_1278

 

本では、もっと詳しく
4分類で解説されていますが

 

はじめに紹介した
「ある」「ない」だけでも

自分を知るヒント
なると思います。

 

あなたは、

「ある人」ですか?

「ない人」ですか?


「ある」も「ない」も、才能の源泉。

 

げる人・える人、

世の中には、両方必要ですね。

 

 

自分らしさ・能力を知ってこそ

仕事に活かすことができ、
モチベーションになります。

 

参考になさってみてください!

(^-^)

 

 

 

☆自分の能力をもっと知りたい方、
一緒に見つけてみませんか?

↓  ↓