否定文が浮かびやすいのは、〇〇人だから?!

今日は、否定文が浮かびやすいのは、〇〇人だから?! どうぞ、自分の思考グセを自省するよりも、こんな考え方はいかがでしょうか?

 

 

こんにちは。

悩みをシンプル化し
“がんばりすぎない自己実現”を可能にする

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

 

きのうは、
「ミスしないように気をつけているのに・・」

http://jiko-taiwa.com/2016/03/19/jiko-taiwa/skill4288

 

「~しないように」ではなく、「~する」

で考えましょう・・というお話でした。

 

 

 

「つい、私も・・」と、
コメントをたくさん頂きましたので

 

今日は、

否定文が浮かびやすいのは
日本人だから?!

というお話です。

 

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s

 

 

「~しないようにしよう!」

と、否定文が浮かびやすい人は

 

親御さんの影響を思い出して、

つい、親に文句を言いたくなる
かもしれません。

 

ネガティブな考え方の
影響を受けてしまったよ・・と。

 

 

気持ちもわかりますが、

実は それだけではなさそうです。

 

 

***

 

 

そもそも、

日本語の使い方が
否定文が多いようです。

 

小学校の廊下に
いつも貼られていました。

「廊下を走らない!」

 

 

教室にも貼ってありました。

「忘れ物をしない!」

 

 

公園に行けば、

「芝生入るべからず!」

 

 

道路には、

「スピード落せ!」

気をつけてみると

否定文に囲まれていますね。(笑)

 

 

 

e70f4213195114297018dd2b27ad43e2_s

↑    ↑

空港の廊下にある
平らなエスカレーターに乗る時に

「お足もとにお気をつけ下さい!」

とアナウンス。

 

そのあとに英語では

Watch Your Step!(足元を見て!)

とストレートな肯定文でした。 (^_^)

 

 

芝生入るべからずは

Keep off  the glass.(芝生から離れていて)

 

 

このように、

英語は肯定表現が多く

日本語は否定表現が多い

のだそうです。

 

思考習慣の違いでしょうね。

 

13ebf0aa99790a89d26debd70f653d27_s

 

 

謙虚に自分をふり返る方ほど、

「自分は、否定文が多いなあ」と

自省したり、
原因を考えてしまうかもしれません。

 

それは
エネルギーロスになりますので

 

 

ぜひ!

 

「私は、典型的な日本人だ!」(^o^)/

くらいに、笑い飛ばして、

 

健全な 開き直り精神
をおすすめします。
 

 

 

大切なのは、これからのこと!

 

使う言葉選んで

パフォーマンスを
高めていきましょうね!

 

 

 

☆脳のしくみを知り、
パフォーマンスを高めたい人は
こちら ↓