親子で勉強すると「〇めるチャンスが増える」

お母さんが子供の勉強を見てあげるメリット。今日は、「〇めるチャンスが増える」 私が一番大切だと感じていることです。

 

 

こんにちは。

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

 

昨日は、

お母さんが子供の勉強を見てあげると
「勉強って楽しい」の原体験ができる・・でした。

http://jiko-taiwa.com/2016/02/22/6skills/solution/communication4000

 

 

今日は、2つめのメリット

めるチャンスが増える」・・というお話です。

 

 

0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_s

 

 

◆認めるとは?

 

コミュニケーションに

ほめる」というスキルはありません。

認める」(承認)というスキルになります。

 

 

ほめる」には

できる・できない
良い・悪い

という評価の要素が含まれますので

 

評価が悪いわけではありませんが
子育ての一番のベースには

一切の評価を手放した
める」関わりの方が重要なのです。

 

 

そして、

お母さんがお子さんに
認める関わりをすることで

 

お子さん自身の
自己承認」が大きく育まれます。

 

 

262706

 

 

Fadebookに
「いいね!」ボタンがありますね。

 

自己承認は、あの感覚です。

 

自分にたくさんの
「いいね!」を押せる気持ち。

 

 

自分が

自分のことがめられる

自分のいいところっている

りないところも、められる

根拠のない自信・・がある。

 

自己承認は、

幸せ に生きていく
生きる力のベースとなるものです。

 

 

116757

 

 

◆マトリックスで考えてみましょう!

↓   ↓

①「勉強がわかる」×「自己承認できる

②「勉強がわかる」×「自己承認できない

③「勉強がわからない」×「自己承認できる

④「勉強がわからない」×「自己承認できない


↑    ↑

ここで考えて頂きたいのは ②と③です。

 

どちらの方が、大事だと思いますか?

 

どちらの方が、お子さんの幸せ
つながると思いますか?

 

実際は、どちらを優先していますか?

 

☆②の延長上で生きている大人
たくさんいます。

 

いくら勉強がわかっても、

いくら優秀でも、

いくら仕事ができても、

 

満足感・幸せ ・安らぎを
感じられない人々。
悩みの整理をしていくと
ほとんどここに行きつきますから
親御さんたちには、
③を優先していただきたいのです。

(③の方が、自分らしい①に成長する可能性があります)

 

このように大切な「認める」

 

だからこそ、

”お母さんが勉強を見てあげる時間” は、
「認める」の好チャンス。

 

生きる力を育む上でも、
とてもいい時間だと感じています。
明日は、
認めるコミュニケーション(対話例)

をご紹介しますね。 (^^)