2016年、《自己対話力トレーニング》のテーマは「日本人の“悩むという現象”をなくしたい!」 このテーマに込めた、私の想いをつづります。

 

悩みの整理整頓の専門家

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

昨日は、2016年 今年の抱負を書かせていただきました。
http://jiko-taiwa.com/2016/01/01/abetomoko-profile/misson-dream3330

 

今日は、

今年の《自己対話力トレーニング》のテーマ

『日本人の“悩みという現象”をなくしたい』

に込めた想いをつづります。

 

 

91fd2237bc46c7bcd2_s

 


◆ 悩むという現象

 

悩む ことは
悪いことではありません!

 

悩むのは

よりよくしたい想い
あるからこそであり、

 

思わぬアクシデント
起こることは

誰にもあり得ることであり、

 

言葉を変えると、

悩むとは考える ことで、

解決に向けての行動だと
言えるからです

 

960144318636f147ba3572822d6d0030_s

 

 

一方、

 

悩むという現象  とは

 

そのことで頭がいっぱいになり
本来の夢に向かえなくなってしまう、

 

気分が滅入り、落ち込んで、

元気をなくし
エネルギーが停滞してしまう、

 

解決できないままに

時間とエネルギー
無駄にられてしまう、

 

といった

 

パフォーマンスが
発揮できない状態

 

人生を楽しめない状態

だと、私はとらえています。

 

いき過ぎると

うつ症状や、胃かいようなど

心と体を
不健康にしてしまうことにも

なりかねません。

 

 

そして、

今の日本は

悩むという現象にあふれ

 

本来のチカラを
発揮できないでいる人


自分らしさをじこめている人

幸せをじられないでいる人

 

最高の状態ではない人

多く感じてなりません。

 

 

だからこそ、

の時代と言われ

癒し が求められる時代
でもあるのでしょう。

 

7096c068a35d54d22ba3d1ce6ed2a077_s

 

そして、

悩むという現象を一掃するカギ

「自己対話力」にあると

考えています。

 

自分自身とのコミュニケーション

から、すべてがまるからです。

 

 

つまり、


悩む
ことは
ポジティブな行動とも言えますが

 

悩むという現象
早く終わらせて、

本来の力とエネルギーを
夢実現に向けていただきたい

 

そういう想いを込めて、

2016年をスタートいたしました。

 

 

自己実現はもっとシンプル化します。

心をこめて、お届けしてまいります!

 

 

お読みくださり、
ありがとうございました。

(^-^)

 

 

 

 

 

 

2016年のテーマ「”悩むという現象”をなくしたい」への想い