悪口を聞かされた時、上手に対応するには?

「悪口を聞かされた時」あなたはどうしていますか? 一緒に悪口は言いたくないけれど、その人と角も立てたくないし・・ 今日は、そんな場面のコミュニケーション・ワンポイントです。

 

 

 

こんにちは。

たった3分で悩みの整理整頓!
今を楽しみ、未来をたのしめるようになる

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

 

 

今日も、よくいただくご質問です。

 

 

悪口を聞かされた時

あなたはどうしていますか?

 

 

職場や、ママ友の集まり、
ご近所づきあい などで

 

その場にいない人の悪口
耳にして、

何て言葉を返したらいいか
戸惑うことはありますか?

 

 

 

そんな時の
はじめの自己対話は、

「私はどうしたい?」

です。

 

084162

 

 

次のような
選択肢があるでしょう

 

(1)悪口を言う人の、仲間入りする

 

(2)悪口を言う人に嫌われてもいい
ので、悪口をやめるように言う

 

(3)自分は悪口は言いたくないが、
悪口を言う人とも角を立てたくない。

 

今日は、あなたの望みが

(3)の場合のヒントです。

 

082990

 

 

「そうだよね~」

相づち を打ってしまうと

悪口を言う仲間
入ってしまうことになるし、

 

 

「そんなことないよ~」

と相手の話を否定すると、

 

その人と角が立ったり、
自分まで攻撃されるかもしれない・・

 

 

でも、あなたの本音は
「人の悪口は言いたくない」

「穏便にその場から離れたい」

 

と思うなら
次のセリフはいかがでしょうか?

 

↓ ↓

 

そんなことがあったのね~

と受けとめ、

 

私は知らなかったわ~

と線引きする。

 

 

すると・・

 

081807

 

 

「そんなことがあったのね」

「〇さんは、そう思ったのね」

「そういう風に、感じたのね」

 

どれも、
相手の話を受けとめているので

 

話している人は、

 

あなたに

「聞いてもらっている」

「私の気持ちをわかってもらえた」

と感じます。

 

 

とはいえ、

「私は、知らなかったわ~」

「ぜんぜん、気づかなかった~」

「私は、そういうの気にならないよ~」

 

と線引きしているので、

悪口の輪には入りません。

 

 

「私は 」の部分を

丁寧に言うとよいでしょう!

 

( ↑ ポイントです!)

 

* * *

 

悪口・陰口の強力エネルギーに
心のコンディションを
乱されたくないので

上手に対応したいですね。

 

 

ついでに、

私は同じことしてないかな?

と、

謙虚に自分をふり返る機会に
しても、いいかもしれません。

 

(^-^)

 

よろしかったら、
参考になさってください。