違和感があっても「プラスの言葉」を使った方がいい?

「違和感があっても、”プラスの言葉” を使った方がいいですよね?」・・というご質問にお答えします。 一番 優先したいことは・・

 

今日は、

トレーニングをはじめたばかりの
生徒さんの質問にお答えします。

 

 

<ご質問>================

プラス言葉って大事だな~と、
よくわかるようになってきました。

 

でも、この間、

自己啓発を勉強している職場の先輩から
帰る時に、

「お楽しみ様!」って言われたんです。

 

「え?」と思ったら、

 

「お疲れ様!」って、
「疲れる」というネガティブな
言葉でしょ?

 

実際、疲れてもいないし。

 

それより、
今日の仕事も一生懸命やって、
楽しみましたね・・

って言う意味で「お楽しみ様!」

 

この方がいいと思わない?

 

と先輩に言われたんです。

 

「そうだな~。言葉 大事だし。」
と思って、使ってみたんですけど

やっぱり慣れないし、

「変な言葉!」って思います・・

 

だけど、やっぱり、

「お疲れ様」って言うのは

マイナス言葉だから
使わない方がいいんですよね?

===================

 

とても良い質問をいただきました。
ありがとうございます。

 

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

 

◆一番、優先したいことは?

たしかに、

自己対話力トレーニングでは、

「プラス言葉」を使うことが大事
・・とお伝えしています。

 

が、

 

一番 優先したいことは?

自分の本音・自分の感覚

です。

 

 

Sさんは、

「お楽しみ様!」に
違和感を感じるのですね?

 

 

「違和感がある」

と、

「プラス言葉を使うべき」

 

どちらが 心の声 (本心) ですか?



「違和感」の方が、本音ですよね。

 

 

「プラス言葉を使うべき」は、

=頭で考えていること=思考

です。

 

 

人は、

「べき」で行動すると、
必ず、ストレスが生じます。

 

心が抵抗しているのに、
ムリに行動するわけですからね。

 

 

なので、

「違和感がある言葉は使わない」

が、よいのではないでしょうか?

 

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

 

 

おすすめの考え方

先輩にとっては、

「お楽しみ様!」が心地よいので
それを使えばいいですし、

 

Sさんは、

しっくりくる
「お疲れ様でした!」

を使えばよいと思います。

 

 

そして、

「お疲れ様」も、

「疲れた」という意味よりも

一日のねぎらい・感謝の気持ち
を、こめた言葉だと思いますから、

 

”ねぎらい・感謝” を胸に、

「お疲れ様でした」と言えばいい。

 

違和感を感じながら、
「お楽しみ様」と 言うよりも、

ずっとずっと、

Sさん想いが
会社の皆さんに
伝わるのではないでしょうか?

 

 

あとは、もし、

先輩が「お疲れ様!」と
言われたくないのでしたら、

 

「お先に失礼します」とか

「今日もありがとうございました」等

別の言葉を使ってあげたら
よいのかもしれませんね。

 

 

でも、先輩が、
よく勉強されているなら、

Sさんの使う言葉にとらわれることは
ないと思いますよ。 大丈夫!

 

 

今日の結論

プラス言葉であっても、
違和感がある言葉は使わない方がいい。

いつもの言葉に、
プラスの想いを乗せて伝えましょう。

 

 

ぜひ、参考になさってみてください。

(^_-)-☆