「泣くんじゃないの!」 と言われた子供はどうなるか? 

「泣くんじゃないの!」と言われた子供はどうなるでしょう?
親の言葉か
けの影響についてお話します

 

 

たった3分で悩みの整理整頓!

”今”を楽しみ、
”未来”を楽しめるようになる!

自己対話力トレーナー
阿部朝子(ともこ)です。

 

 

昨日は、
「泣くんじゃない!」という言葉かけ。

親の想いはわかりつつも、
マイナス影響がある可能性を
お話しました。

http://jiko-taiwa.com/2015/10/28/6skills/acknowlede-jishin2366

 

 

今日は、例文を参考に
子供にどんな影響を与えているか
考えてみましょう。

 

 

走って転んでしまい
泣いている子に・・

 

「男の子でしょ!泣くんじゃないの!」

↓ ↓

男の子だって、痛いものは痛いデス。

 

でも、こうして泣くことを
禁止されると

泣くのはいけないこと

強く潜在意識に
インプットされていきます。

 

※感情にフタをするデメリットは
後で書きますね。

 

**

「だから、走るんじゃないって
言ったでしょう?」

↓ ↓

痛い思いをした上に 叱られては
ふんだりけったり・・

これを重ねると
親に対して反感を持つなど
信頼関係にひびが入りかねません

 

次に転ばないよう
学びに変える言葉かけは
してあげたい
ですが

その場合も
痛みや感情が治まってからです。

 

**

「ほら、あっち見て!ワンワンだよ!」

↓  ↓

もう痛みが治まっている様子なら、

このように、意識を別のところに
向けてあげると、

気持ちが 切替えられて
いい面もあるでしょう。

 

が、

これも、
痛みや感情が治まってから
にしたいです。 

 

 

263150

 

 

人は皆、「わかってほしい」のです。

 

子供は、

「痛い」という

気持ち(感情・感覚)を
わかってほしい。

 

わかってくれないから
大泣き・長泣きするのです。

 

頭でそう考えて泣くのではなく

潜在意識が
「わかってよ~~!」と叫んでいます。

 

 

例文の言葉かけをすると

子どもは感情にフタをして
口をへの字にし、
泣かないようにガマンするでしょう。
(親の言うことは絶対だと思っていますから)

 

感情をガマンするデメリット


感情に感じづらくなること

・フタをした感情が、影響を及ぼすこと

 

感情はフタをしても
消えることはありません。

出して解放してあげない限り、
ずっと心の奥に残り、

大人になっても
影響してしまうのです。

 

 

c42db96bc5f9fa8cf5e7f68bfff159dc_s

明日は、
感情を出すことをガマンすると…?

「泣くんじゃない!」と
言われて育った人の事例を紹介しますね。

 

 

☆「泣くんじゃない!」が
一概に悪いとは思いません!

さっぱりと、切り替えられる面も
あるでしょう。

ここでお伝えしたいのは、
感情を出さないことの危険性なので、
ご理解いただければと思います。