イライラしない自分になる方法⑥ 自分の感情に〇〇を持つ!

イライラしない自分になる方法…今回のシリーズのまとめです。 今日は、  「自分の感情に〇〇を持つ」と決めませんか?というお話です。

 

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

昨日は、
怒りが爆発しちゃったら、出す&動く!

というお話でした。
http://jiko-taiwa.com/2015/10/10/6skills/anger-stress-release2133

 

 

「自分の感情に責任を持つ」とめませんか?

 

怒りの感情そのものは、
悪いものではありませんでした。

 

腹が立つのも当然!
という場面もあります。

 

ただ、怒りの感情は
パワフルなので、

扱いを間違うと
人も自分も傷ついてしまうし、

 

円満解決には
なりづらいのでしたね。

 

 

結局、

りが湧くのは
自分の責任ではありません。

 

でも、

湧いてきた感情を、どうするか
自分の責任です

 

(耳が痛いけど・・)

 

 

実は、怒りは子供の感情。

 

感情のままに、
相手にぶちまける時、

あなたの 深層心理は
子供になっています。

 

「わかってよー!」

「どうして、こんな想いを
しなきゃならないんだよー!」

 

a459da14e1915382f522facb00860992_s

 

 

でも、私たちは
もう大人ですから・・ネ。

 

”人に怒りをぶつけない”
”自分の感情に責任を持つ”

 

そう

決めませんか?

 

「決める」と
効き目があって、

 

「ん? これって、
そんなに怒ることかな?」

と自己対話ひとつで、

怒りを ポイ!っと

終わらせることも
できるようになりますよ。

 

 

切り替える方法 ・出す方法
これからも ご紹介しますが、

 

今回の6回シリーズの
まとめとして、

「自分の感情に責任を持つ」
決める

 

をおすすめしたいと思います。

 

 

mark_face_laugh

 

<おまけ>

それでも、

イライラを
ぶつけちゃうこと ありますよ。

人間ですもの・・・

 

そんな時は、

「やっちゃった!申し訳ない!
頭冷やしくるから、
その後、話し合おう。」

 

「イライラぶつけて、ごめんね。
ママは、怒るのをやめたくて
今、がんばって練習しているの。
ごめんね」

 

と、すぐに相手に謝って

 

ひきづらないで、
そのコトを終わらせましょう!

 

練習!練習! (^-^)

 

*~*~*~*~*

根本から変わりたい方は、
トレーニングしませんか?

 

あなたも、怒りも、悪くない。

 

怒りの根っこを
取り除けば、

怒りの芽が
出ることもなくなります。

 

*体験トレーニングはこちらです
http://jiko-taiwa.com/training