イライラしない自分になる方法② 「期待がわかったら〇〇とめる」

「ついイライラして、感情的になってしまう・・そんな自分を変えたい」という方へ。
今日は、<怒り>の対処法その1・・「期待がわかったら、〇〇とめる」 です。

 

 

たった3分で悩みの整理整頓!

”今”を楽しみ、
”未来”を楽しめるようになる!

自己対話力トレーナー
阿部朝子(ともこ)です。

 

昨日は、
怒りの根っこにある期待を知ろう!
というお話でした。

http://jiko-taiwa.com/2015/10/06/6skills/anger-stress-release2061

 

 

☆皆さんのイライラには、
どんな「期待」 がありましたか? ^^

 

 

今日は・・

 

【対応その1】
期待していたことを
受けとめる

 

です。

 

◆受けとめる理由

 

「怒り」は、
自然消滅することはありません。

 

↑  ↑
ここ、とっても大事です! (^_-)

 

「忘れよう」と思って、
忘れたつもりでも、

 

ガマンして、
外に出さずにフタしても、

 

ず~っと心の奥
火種がくすぶっています。

 

 

だから、
似たような経験が刺激すると

 

怒りの火が、
ボッ!と再燃します。

 

 

もし、

なぜか、
イライラが止まらない~

ということがあるなら、

 

目の前の出来事に怒っている
だけじゃなくて、

 

過去の怒り も一緒に
再燃しているかもしれません。

 

 

実は、
自分で気づいていないだけで

よくあることなんです。

 

 

このように

自然消滅しない怒り
消滅 させる方法の1つが

「受けとめる」


なのです。

 

758743e14b52747d64617ee1ceb3e55b_s

 

 

◆受けとめるとは?

 

昨日、お話した
怒りの根っこにある 期待

こうだったらいい
こうしたい


 願っていたことを

 

「私、こうしたかったんだよね…

それが、できなかったから、

嫌だったね、
ショックだったんだよね…」

 

受け容れて、
わかってあげる。

 

 

この一連が

「受けとめる」です。

 

 

すると、

怒りが
す~っ と やわらぐような、

消えていくような

 

そんな感覚があるはずです。(^_-)-☆

 

 

つづきは、また明日! 

 

 

◆まとめ

今日は、

<怒り>の対処法その1
「期待がわかったら、受けとめる」

 でした。

 

 

昨日、
ご自分の期待をみつけた方は、

「こうしたかったんだよね」と
ぜひ受けとめてみてください!