ほめ上手になりたい人は、野球で学ぶべし?!

今日は、「ほめ上手になりたい人は、野球で学ぶべし?!」…ほめ上手・認め上手の参考に、皆さんの地元の 野球解説者を参考にしてみませんか?というお話です。

 

こんにちは。

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

今日も、
プラス言葉(ほめ言葉・みとめ言葉)
についてお話しますね。

 

 

私が提供する
自己対話力トレーニングでも、

コミュニケーション講座や
子育てコーチング講座でも、

 

「自分のことを認められない」


「子供のことを、

どうほめていいかわからない」

 

とおっしゃる方が
たくさんいらっしゃいます。

 

※コミュニケーションでは
「ほめる」と言わず
「認める」というスキルになります。

 

「ほめる・認める」スキルを
学ぶこともおすすめですが

 

ほめ上手な人の話を聞くのも

とっても おすすめです。

 

 

今日は、
参考になる方の中から
野球の解説者 を紹介しますね。

 

3aac8e9f5d792a3e37184517068074ee_s

 

 

私は、野球を見るのが好きです。

 

ある時、ふっと気づきました。

 

解説者のコメントは、
プラス言葉・前向き言葉の
宝庫だな~と。

 


ただし、
両チーム向けの
公平な中継ではなくて


片方の球団向けに放映する
えこひいきした番組
がGood! (笑)


(NHKも中立・公平だから不向き)

 


もちろん、
辛口の解説者もいます。


言っていることは正しくて
ごもっともだけど、
ブツブツ言い続けられると
聞いていて、楽しくない人。

 

失敗・ミスを指摘して
ず~っと、そこばかり
つついている人

・・もいます。

 

そんな時は、
反面教師にしようと思いますし、

TVのボリュームを小さくします。 (笑)

 

 

さて、

プラス言葉が上手な解説者は、
各チーム専属でいらっしゃるでしょうが

私の地元向けの中継では、
岩ちゃん(岩本勉さん)です。

 

 

 要は、

いいプレーはもちろんですが、

 

へなちょこプレーも
けなす言葉を使わず、

未来につながる
前向きなコメントに変換するのが
とっても上手です。

 

 

例えば、

3塁ランナーが走ったけれど、
ホームでタッチアウトになった場面で・・

 

アナウンサー
「あ~、〇選手はやっぱり足遅い んですね」

 

岩ちゃん
「遅いんじゃなくて、速くなかった ですが
これは、相手ピッチャーをほめましょう・・」

 

・・こんな感じです。(笑)

 

※岩ちゃんの解説も、
両チーム向けの放送の時は、

ちゃーんと公平に、
両チームに対して
プラス言葉を使っています。

さすがです!

 

 

ほめ上手・認め上手の参考に、

皆さんの地元の 野球解説者に
耳傾けてみては、いかがでしょうか? ^^

 

 

☆野球以外も、参考になる方が
たくさんいらっしゃいますね。

皆さんも、
上手だな~と思う方を探してみると、
面白いかもしれません。

 

 

<おまけ>
岩ちゃんの言葉、

「遅い」と「速くない」が
そんなに違うの?と思う方へ。

 

この違いのすごさは、
別の機会に、ご紹介しますね!!