「心技体の視点」が状況整理の役に立つ!

今日は、状況を整理したい時、 望む結果を得たい時に、「心技体の視点」を取り入れると、わかりやすい!…というお話です。

 

こんにちは。

たった3分で悩みの整理整頓
今を楽しみ、未来も楽しめるようになる

自己対話力トレーナー
阿部朝子(あべともこ)です。

 

DSC_06

 

 

今日は、
経営コンサル 安田裕紀さんのお話を
伺っていて、

「心技体」の言葉が

とても胸に響きましたので、
ご紹介したいと思います。

 

◆『心技体』(しんぎたい)とは?

もともと
武道(柔道)の教えが語源のようで、

 

今は、スポーツ界などで

精神力(心)・技術(技)・体力(体)
3つを鍛えましょう!

と使われたりします。

 

 

心・技・体は

3つバラバラなものではなく、
それぞれ関係していて、

心を鍛えれば、技や体も鍛えられ、
技を磨くと、心や体も磨かれる

・・と、私はとらえています。

 

心技体

 

◆「心技体の視点」が、わかりやすい!

 

私が、
「心技体の視点」を紹介する理由は、

物事を整理する時に、

この3つの視点で考えると
とてもわかりやすいからです。

 

 

仕事(営業) に置き換えると、

お客様や世の中のお役に立ちたい想い(心)

伝え方・表現・商品知識 (技)

行動・お客様への訪問数  (体)

 

コミュニケーション だと、

伝えたい想い(心)

伝わるスキル(技)

伝える行動 (体)

 

 

・夢・目標の実現 だと、

叶えたい想い・意志 (心)

実現スキル (技)

実践・行動 (体)

 

・・・

 

どれが欠けても、
うまくいきませんね。

 

 

 

★ご自分に置き換えてみましょう!

 

次のフレーズで
自己対話してみませんか?

 

↓ ↓

「自分は、どれができていて、
どれができていないだろう?」

 

「 今、心技体のどこに
力を入れるといいだろう?」

 

「では、何をするといいだろう?」

 

 

すると、

「この部分のスキルが不足しているから、
勉強しよう!」

 

「イチロー選手は
スランプの時に、どういう想いで
過ごしているか本を読んでみよう」

 

「疲れがたまっているな・・。
まずは体のコンディションを
整えよう!」

 

など、

今、何をすると成果につながるか!

が、 整理されることでしょう。

 

 

※慣れると
OK?OK?OK?」と
1分以内に
自分チェックできますよ!(^_-)-☆

 

 

状況を整理し、
望む結果を得たい時に、

「心技体の視点」を取り入れる

 

 

ぜひ、
皆さんの仕事や状況に
置き換えてみてはいかがでしょうか?

 

 

今日は
「心技体の視点」で考えるとわかりやすい!

というお話でした。 (^-^)