「マイナス言葉」が出ちゃった時の対応方法~4つのポイント  

「プラス言葉」を意識していても「マイナス言葉」が出てくる時もありますね。そんな時は、どうしたらいいでしょう? 今日は「マイナス言葉」の対応方法。気持ちを楽に切り替える4つのポイントをご紹介します。

 

たった3分で悩みの整理整頓!

”今”を楽しみ、
”未来”も楽しめるようになる

自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

昨日は、
「プラス言葉」について。

意外に知られていない
「使い方」をご紹介しました。
http://jiko-taiwa.com/2015/09/27/6skills/state-happy1943

 

ところで、

「プラス言葉」を意識していても
つい「マイナス言葉」が
浮かぶ時もありますね。

そんな時、
凹んだり、イライラしたりと
マイナス言葉の影響を
ひきずってはいませんか?

 

今日は、
「マイナス言葉」の
影響(ダメージ)を引きづらずに、

気持ちを楽に切り替える
4つのポイントをご紹介します。

 

◆「マイナス言葉」とは?

・だって・ムリ・どうせ・でも

・だめ・ばか・ブス

等、 否定的で人を傷つける言葉や

その他、

・気分が
やる気がなくなる
イヤな気分になる ならば、

どれもマイナス言葉と言えるでしょう。

 

マイナス言葉は、

理性で止められるならば、
基本的に使わない!

が一番です。

 

 

◆思わず出てきた時は
気をつけていても、

 「くそー!」

「あんぽんたん!」

(↑おっと、失礼~(^_^;)

 

そんな言葉が
思わず出る時もありますよね。

(だって人間ですもの・・)^^

 

そんな時の対応ポイントは

 

①マイナス言葉が浮かんでも
自分を責めない。

 

まず、
「そう思ってもいい」と
知っておきましょう。

 

だって、
浮かんでしまったことを
責めてもしかたないですから。(笑)

 

特に、
プラス思考を心掛けている人ほど、
マイナス言葉が出た時に

自分を否定する可能性があるので、
要注意!

 

気分が下がる のスパイラル
はまってしまいかねません。

 

 

②マイナス言葉が浮かんだら
『ただ、受けとめる』

 

バカ! って言いたくなったよね」

私ダメだ~  って思っちゃったね」

 

と受けとめる。

 

マイナス言葉を吐きたい
ブラックな自分

それに気づいた理性的な
ホワイトな自分 がいるはずです。

 

一人芝居のようですが、

ホワイトな自分が、
ブラック君の言い分を
聴いてあげるイメージです。

 

友達の愚痴を、
包容力のある自分が

「うん、うん、そうだよね~
そっか~、そう思うのもムリないよ」…

と、聴いてあげてる感じ。

 

それだけで、
す~っと楽になれるものです。

 

5a9a98a286757a130e8845c93e1d2c5f_s

 

③できれば、口から外に出さない

浮かんでも、
口に出さない方が、
ダメージが少なくて済みます。

 

口から出すと、
また耳からインプットされますし、
発した言葉が空気を悪くもします。

 

周りに人にも
マイナス言葉の影響が伝染します。

 

④「マイナス言葉」を手放す

受けとめて、気分がおさまったら、


バカ
(の言葉)は手放します。ばいばい!」

だめ って思わなくていいね。ポイポイ!」

 

手で、ポイッと捨てる動作をつけると
やりやすいでしょう

 

子供っぽい感じが
するかもしれませんが、

心理的に、これくらい
笑っちゃうようなワークが
実は、うまくいきます。

 

※思わず、口に出た時も、

「おっと、今のは、なし・なし!」
「飛んでけ~~!」

こんな感じで、手放してしまいましょう。

 

fb1783065184609513c2634ff77d9efb_s

 

「マイナス言葉」の影響(ダメージ)を
引きづらずに、

気持ちを楽に切り替える
4つのポイントでした。 (^_-)-☆

 

どうぞ、お試しください。