「プラスの言葉」は大事! 「使い方」はもっと大事!

「プラスの言葉を使うことが大事!」きっと多くの方がご存知でしょう。が、、実は「まちがった使い方」をしていると効果がないどころか、 逆効果にもなるのです。 そこで今日は、「プラスの言葉の使い方」のお話です。

 

こんにちは。

阿部朝子(ともこ)です。

 

 

 

言葉が変われば が変わる

が変われば 行動が変わる

行動が変われば 習慣が変わる

習慣が変われば 人格が変わる

人格が変われば 運命が変わる

ウイリアム・ジェームス
(アメリカの心理学者)

 

 

人間関係はもちろん、
日々の生活、仕事の成果、
スポーツ、メンタルにも、

言葉 は大事ですね。

 

<プラスの言葉>を使うように
心がけている方も、たくさんいるでしょう。

 

 

例えば、

・幸せ・ついてる・うまくいく

・楽しい・うれしい・ありがとう

 

ちょっと口に出してみましょうか・・

 

 

いい気分になったり、
やる気やチカラが出てきたり、

体があたたかくなったり、
ス~ッとしたり、
自然と笑顔になれたり・・

 

心にも体にも、
プラスに影響してくれます。

 

 

ところが

「まちがった使い方」
をしている方もいらっしゃいます。

 

「まちがった使い方」をしていると
効果がないどころか

逆効果になる危険 もあるのです。

 

 

◆危険な使い方とは?

 

ずばり、

「そう思いこもう!」とすること。

 

「私は幸せなんだ・・幸せ・幸せ」

(心の声:幸せって思わなくちゃ!辛くても笑顔でがんばろう!

 

「ありがとう!と言っていると、うまくいくらしい。
ありがとう・ありがとう・・」

 (心の声:プラスの言葉 使っているんだから、うまくいってくれ~!頼む~)

 

このように

正直な気持ちは、「辛い」のに、

・「辛い」と認めてはダメ!

・プラスの言葉で「マイナス感情」をかき消そう!

としていると

 

「辛い」気持ちが
ますますくなったり、

 

「辛い」気持ちにフタをして
根本解決がれたりもします

 

(行き過ぎると、ストレスが大きくなる
キケンもあるのです)

 

 

 

 

◆プラスの言葉の「使い方」

では、どうすればいいのでしょう?

今日も簡単

 

プラスの言葉をただ唱えるだけ!」 

です。

 

 

「幸せなんだ!」
「感謝と思おう!」

と、言い聞かせない!
思い込もうとしない!

 

「幸せ・幸せ・・・」
「ありがとう・ありがとう・・・」

と唱えるだけ。口にするだけ。

 

 

体にいい食べ物を口にすれば、

「消化吸収してよ!」
と思いこまなくても

ちゃ~んと栄養が摂りこまれます。

 

それと同じ。

 

プラスの言葉を、ただ口にする。

口に出した言葉が、耳から入る。

 

言葉にがあるので、
それだけでいいのです。

 

 

ただ唱えるだけ。

ぜひ、お試しください。(^_-)-☆