「自己対話」は、「自問自答」とココが違います!

今日は、「自己対話」と「自問自答」との一番の違いをお話します。

 

 

◆コミュニケーションの2つの方向
コミュニケーションを考えると
2つの方向がありますね。

 

・相手(気持ち)→聴く→自分(相手の気持ちを理解)

・相手(元気になる等)←伝える←自分(プラスに働きかける)

 

 

「自己対話」も同じです。

 

・(気持ち・考え)→聴く→自分(自分の気持ちを理解)

・(元気になる等)←伝える←自分(プラスに働きかける)

 

 
☆「気持ち」がわかるから、
適切に働きかけることができます。

 

・落ち込んでいたら 元気になるように

・迷っていたら 決められるように

・イライラしたら 冷静になるように

・頭が一杯だったら 整理できるように…

 

 

自己対話とは

 

◆「自問自答」との違いは?

 

自問自答は、

 

下手すると、
頭の中で、思考がぐるぐる廻って

ついマイナスに考えてしまったり、

 

整理されないまま
迷走してしまうことはありませんか?
それは、

ただやみくもに、浮かぶままに
問いを投げかけているからです。

 

***

コミュニケーションには、
セオリーがあります。

型・スキル・考え方があります。

 

理解するための「聴き方」があり、

 

プラスに働きかけるための
「伝え方」があります。

 

『自己対話』は

コミュニケーションのセオリーを
踏まえた スキル・型を使うので、

 

ぐるぐると思考が堂々巡りすることなく、
迷走することもなく、

 

必ずプラスで終える」ことができます

↑ ↑

ココが
自問自答とまったく違うところです。(^^)

 

 

◆今日のまとめ

自己対話とは?

・自分の気持ちを、理解する対

・自分に、プラスに働きかける対話

 

 

いずれも、

コミュニケーションのセオリーを
ふまえたスキルを使うので、

 

必ず、プラスで終えることができる!
ここが、自問自答と違いますよ・・

というお話でした。