《スキル:感じる①》 それ、「考えて」も解決しませんよ!

今日は、自己対話のスキル「感じる」について、「感じて」解決すべきことを「考えて」もうまくいかないですよ…というお話です。

 

自己対話力を磨き、
望む人生を創る人になる!
ワンポイント講座

 

こんにちは。
自己対話力トレーナー
阿部朝子です。

 

悩みスピード解決するにも、
夢をカタチにするにも、
一番大事な 自己対話スキルが、

『考え過ぎない! 感じる!』です。

 
今日は、

「考える」ことが役立つ領域と
「感じる」ことが役立つ領域がありますよ。

 

「感じる」で解決すべきことを
「考えて」もうまくいかないですよ。

という お話です。

 

***  

「考えること」は大切ですし
人は、考える動物なので、

脳は、いつも考えようとします。
止められません。

 

それに、
「考えることが大事!」
と思っています

(子供の頃から、そう言われますしね)



悩みを解決したいとき には
よく考えて、何とかしなくちゃ!」

 

目標に向かうとき には、
よく考えて、かんばろう!」

 

親が子供に、「よく考えなさい!」
上司が部下に、「よく考えろ!」
・・・

 

 

一方、 「よく感じよう!」
は、いかがでしょうか?

あまり使いませんね。(笑)

 

「感じることが大事!」と
思っていない からです

(「大事なんだよ!」と教わってこないですしね)

 

 

023195

 

自己対話力トレーニングでは、

「自分が今、何を感じているか?」
いつも意識します


すると、

・気分が落ち込むことがあっても、
 マイナス影響を引きづらないようになります。

・イライラにすぐ気づくので、
早く切り替えることができます。

・自分が何をしたいのかがハッキリわかります。

・自分の本音がわかるので、迷わなくなります。

・思考がぐるぐる頭を巡らないので、
 冷静に対応できます。

 

等々・・が解決します。

 

どれも、日常 役立つことですよね。

実は、
これらのテーマは
「感じる」スキルを使うことで
楽に解決できるものです。

 

だから、

「感じる」で解決する領域なので、
「考える」では楽には解決しません!

 

それを知らずに、
「考えることが大事!」と思っているので、

「イライラを切り替えるには、どうしたらいいだろう?」

「迷うなあ、どうしたら答が出るんだろう?」

 

…と、さらに一生懸命に考えこんで、
うまくいかないわけなのです。

 

 

今日は、

「考える」ことが役立つ領域と
「感じる」ことが役立つ領域がありますよ。

 

「感じる」で解決すべきことを
一生懸命に考えても、
余計にうまくいかないですよ。

・・というお話でした。

 

 

次回からは、具体的にどう感じて、
どう解決すればよいかを書いていきますね。

 

まずは、
「感じる」で解決すべきことを
「考えて」解決しようとしていなかったかな?

・・と振り返ってみることを
おすすめします。(^-^)