今日は、「自己対話とは何か?」・・ということで、「自己対話」の定義を説明いたしますね。

 

たった3分で悩みの整理整頓

“今”を楽しみ、
“未来”を楽しめるようになる

自己対話力トレーナー
阿部朝子(あべともこ)です。

 

 

今日は、

自己対話とは、

自分を〇〇し、
自分に〇〇〇〇すること

というお話です。

 

***

 

「自己対話」って何ですか?

 

そうですよね。
ここからお話しましょう。

 

 

「自己対話」という言葉を
聞いたことはありますか?

 

「自己」=自分

「対話」=コミュニケーション

 

 だから・・・

自分との対話?

自分とのコミュニケーション?

 

でも、コミュニケーションって
人と話すことだよね? …
 
 
 う~ん、

わかるような、
わからないような…? (^_^);

 

・・という感じでしょうか?

 

 

 

 順番に説明いたしますね。

  

自己対話 2つあります。

 

1つは、

 自分にとっての
“意味”を理解する対話 

 

もう1つは、

自分にとって
プラスに働きかける対話 です。

 

自己対話とは

 

◆意味を理解する

 

例えば、雨が降った時

 
「 ついてない!」と思うかもしれないし

「恵みの雨だ!」と思うかもしれません。

 

同じ状況でも、
”意味” は人それぞれ、その時々で違います。

 

 

つまり

”意味”を理解するとは

 

自分自身が、

どう感じているか?

どう考え、どう思い、

どう とらえているか?

 

理解すること。

 

 

そのために、

自分に問いかけ、(質問)

気持ちに耳を傾ける(聴く)

 

という対話をします。

 

 

 ◆プラスに働きかける

 

自分の状態や気持ちがわかると、

プラスに働きかけることができます。

 

・落ち込んでいたら、元気になる働きかけ

・迷っていたら、決められる働きかけ

・イライラしたら、冷静になる働きかけ

・頭が一杯だったら、整理できる働きかけ

 

 

そのために、

プラスに切り替わるように言葉を伝え、

整理されるように問いかける

 

という対話をします。

 

 

 

まとめると、

 

「自己対話」とは、

自分とコミュニケーションして、

自分(気持ち・本音・感情)を理解すること。

 

そして、

理解したことを踏まえて、

自分にとってプラスに働きかけること。

 

↑↑

私は、
このように定義しています。

 

 

 

ただの

自問自答とはまったく違う ことを

おわかりいただけたでしょうか?

 

(自問自答は、下手すると、頭の中が混乱して
迷宮入りすることもありますから)(^^);

 

 

自己対話で、

自分 (気持ち・本音・感情・考え)を
しっかり理解するには、

スキルコツがあります。

 

 

誰でも
身につけることができますが、

 

コツを知らないと、
なかなかうまくいきません

 

 

だからこそ、このサイトで、

コツやスキルをご紹介していきたい
と思います。

 

 

 

今日は、

「自己対話」とは、

・自分とコミュニケーションして、
自分を理解すること。

 

・理解したことを踏まえて、
自分のプラスになるように
働きかけること。

 

・理解し、働きかけるには
スキルとコツがありますよ・・

 

というお話でした。(^-^)

 

 

皆さまの
お役に立てるように、

これから、

身近な事例も交えながら、
ご紹介していきますね。

 

よろしくお願いします! (^_-)-☆

 

 

 

「自己対話って何?」~自己対話は、自分を〇〇し、自分に〇〇〇〇すること。
Tagged on: