こんにちは。
自己対話力トレーナー
阿部朝子(ともこ)です。

自己対話力を磨き、
望む人生を創る人になる!
ワンポイント講座。

やりたいことがあるのに!
やろうと思っているのに!
”自信がなくて、動き出せない”
というあなたへ。

前向きに動き出せるようになる
【自己対話レシピ:意味チェンジ法】
をご紹介します。

 

「自信がない」と思うと、
失敗が怖くなったり、
動き出せないのも
無理もありません。

「大丈夫だって。やればできるよ!」
と励まされても、

「自信がないとか言ってないで、
やらないと、自信もつかないよ」
と背中を押されても、

 

「そんなこと、頭ではわかってる。
だけど、どうしても動けないから
困っているんだよな~」
と思うことはありませんか?

 

「やればできる!」
と思いこもうとしても
動けない状態は変えられません。

いつもお伝えしているように、
”思考で気持ちを変えるのは難しい”
からです。

 

そういう時には、

今日ご紹介する
【自己対話レシピ】
『意味チェンジ法』(略して、意味チェン)

イメチェンならぬ、
”意味チェン”です。 (笑)

【自信を創る自己対話レシピ:意味チェンジ法】

①「私にとって、”自信”ってどういう意味だろう?」

*辞書に書いてある意味ではなく、
自分がどうとらえているか?を文にします。

で書いた文に対して、
 「この意味は、私に力をくれる?」 (Yes・No)
 「この意味は、チャレンジする気にしてくれる?」 (Yes・No)
 
③ Noだったら、意味をチェンジさせましょう。
 「どういう意味にとらえたら、
  ”やってみよう!”と思えるだろう?」

(例)
『私にとっての自信とは、自分を信じること』
『私にとっての自信とは、自分を信じてあげよう!と思うこと』
『私にとっての自信とは、自分が信じた道を行くこと』
など・・・

④改めて「自信がなくて」と口に出してみましょう。
  気持ちに変化が感じられますか?
  動き出せそうですか?  (^^)

*変化が感じられたら、
意味チェン後の「自信とは・・」を何度も唱えて、
脳にインプットしてあげましょう。

30代、Mさんの事例を紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
職場で信頼され、キャリアを積んでいるMさん。
資格取得してスキルアップしたいのですが、

「自信がなくて」というフレーズが
すぐに頭に浮かび、
どうしても動けないでいました。

そんな自分を
「情けないな~」と思ってきたそうです。
Mさんの【意味チェン】はこちら。

【私の ”自信”の意味 】
・ビフォー「絶対に成功する、と確信できること」
⇒・アフター「自分を信じてあげたいな~と思うこと」

Mさんが一番しっくりくる好きな意味を選び、
何度も唱えていただくと、

「”自分を信じてあげたい”というのは
本当の気持ちなので、
できるかどうかわからなくても
やってみようという気持ちになりました」
と、ニッコリおっしゃいました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたか?

「自信がなくて進めない時」の
【意味チェンジ法】でした。

過去の経験を掘り起こさなくても
簡単にできるところがおすすめです。

どうぞ、お試しください。 (^-^)

やりたいことがあるのに自信がなくて動き出せない方へ。前向きに動けるようになる~意味チェンジ法~